2016-05

« 12345678910111213141516171819202122232425262728293031»
entry_header

まさしく灼熱の国~最終章・旅とも~

2016.5.30月(4Y+365 3Y+317)

長々とお付き合いいただいた旅ログも最終章。
最近、縮小化傾向にあった旅ログを、
今回は、少し細かく書きました。

というのも、現地で、「明日はどこを観光しようかしら」とか、「今日は、何ていうところに行ってきたんだろう」って時に、
ひと様のブログを読んで、「あ~、そうか!」と助けられることが、
たくさんあったからです。

縮小化というよりは、「手抜き」ログになりつつある我がログを顧み、
「も少し、丁寧に書かないと、読んだ人がワカランわ」と心がけを改めました(笑)。



さて、旅ともは今回は1冊。
こちら↓
利休にたずねよ

私は歴史が苦手。
日本史は受験で選択しなかったので、
授業中に耳をかすめ通った記憶しかない。

「利休は茶道を拓いた人」くらいの認識しかなく、
当時の、どの武将と、どの様に係ったかなんて興味の外…でした。

物語は、様々な人を中心人物とした小さな章を集めて成り立ち、
外堀から「利休」に関するデータを積み上げるがごとく、
利休という人を「現時点」から過去に遡って紹介していきます。

最初の章は、「ここから、どうしたいのか?」作者の意図が読めませんでしたが、
最終章を読んだ時に、「う~む」と納得。
もちろん、抒情的な部分は山本氏の見解ではあるのですが、
描写されている人々が、
「この人はホントに、こういう人だったのかもしれない」と思えるほど、
生き生きと我が心に飛び込んできました。

各章に茶道具や茶室の記載があり、
そっち方面の説明も心躍って読んでいました。
「茶道」というと、各道具が「誰々のお作」って印象がありますが、
原点の頃はもっと自然で、
日常の生活具の中に「美」を見出したりと、
「所作」の研鑽のみならず、
美意識の研鑽に精進したのだなぁと感じ入りました。

蛇足ながら、どの章が印象に残ったかって…「山上宗二」です。
自分の中にも、このような部分があるし、
世の中、こういう人がいるよなーとも思うし…
ああ、くわばら、くわばら。

大切なことを学びました。
entry_footer
entry_header

まさしく灼熱の国~バンコク・グルメ編~

2016.5.28土(4Y+363 3Y+315)

バンコクの宿はソフィテルです。
BTSのナナ駅とアソーク駅の間にあって、
私達にはなじみのエリアです。

ソフィテル喫茶
Sofitel Sukhumvit

続きを読む ▽

entry_footer
entry_header

まさしく灼熱の国~ナーン・ラムパーン お食事編~

2016.5.24火(4Y+359 3Y+311)

〖ナーンのおどろきラーメン屋〗

ナーンのラーメン屋2016

どこから、どう見ても、日本のラーメンみたいでしょ!
トン骨ラーメンだけど、クリアースープに骨付き豚肉がドドーンと入っています。
骨から、お肉を削ぎ落としていただきます。
お味は、完全に日本のラーメンと同じ。
麺は、わずかに、平べったい。

続きを読む ▽

entry_footer
entry_header

暗幕のゲルニカ

2016.5.20金(4Y+355 3Y+307)

熱が冷めやらぬうちに、書かねば…

暗幕のゲルニカ
原田マハ 著
暗幕のゲルニカ

続きを読む ▽

entry_footer
entry_header

初めてのミー・マイ

2016.5.19木(4Y+354 3Y+306)

「me and my girl」は、宝塚の出し物中で、
まだ観ていなくて、観たかったものの一つです。

ミーマイ
me and my girl
宝塚大劇場 花組公演



続きを読む ▽

entry_footer
entry_header

まさしく灼熱の国~ラムパーンその2~

2016.5.18水(4Y+353 3Y+305)

引き続き、ラムパーン観光です。

本日は、温泉に行く予定になっています。
町中から1時間ほどを、山方面に向かいます。

ここは、チェーホンというところ。↓
チェーホン地区

↑細い木立群が続きます。
ダラダラと平坦な丘の連続です。

続きを読む ▽

entry_footer
entry_header

まさしく灼熱の国~ラムパーンその1~

2016.5.17火(4Y+352 3Y+304)

ナーンからランパンへ


ナーンからラムパーンへはグリーンバスを使います。(画像:↑右上)
全席指定、バス代は1人B291(約930円)、所要時間4時間。
乗客には、お菓子とお水が配られます(画像:↑左上)。

ラムパーンはナーンの東方。チェンマイの近くです。
モン族によって築かれ、ランナータイ王国下にあり、
ビルマの支配も受けたので、
タイとビルマの両文化の痕跡がみられる、落ち着いた街です。

続きを読む ▽

entry_footer
entry_header

まさしく灼熱の国~ナーンその2~

2016.5.15日(4Y+350 3Y+302)

ナーン観光は続きます。

【お寺】
≪ワット・プーミン≫

ワット・プーミン 壁画など
ワット・プーミン
仏像 壁画

続きを読む ▽

entry_footer
entry_header

まさしく灼熱の国~ナーンその1~

2016.5.13金(4Y+348 3Y+300)

ナーンはタイ北部、チェンマイから東方に200km、
北と東をラオスに接する山の多いところです。
山奥には、いくつかの山間民族の部族が暮らしています。

チーク材に恵まれ、
かつてはランナータイ王国の一部として栄えましたが、
その後、ビルマ軍に侵入されて支配されました。
その時以来、時間が止まったかのような閑静さです。
町の所々に城壁が見られ(画像:↓下段左右)、
昔、「王国があったこと」が想像されます。

去年のGWにもナーンを訪ねました。
静かで落ち着いた「古都」のイメージの町。
市街地は小さく、自転車で回れる大きさです。
(画像:↓中段右=ホテル自転車)

続きを読む ▽

entry_footer
entry_header

まさしく灼熱の国~データ編~

2016.5.9月(4Y+344 3Y+296)

ド真夏のタイから帰ってきました。
最高気温は連日40度超えで、
タイ人でさえ、暑くて、
「どこにも行かずに家でじっとしていたい」というほど。

さて、データ編からです。

続きを読む ▽

entry_footer
entry_header

バンコク in



面白い町、興味深い町、
いろいろ訪ねて、
いつも最後はバンコク。
ここに戻ってくると、
何だかホッとする。
entry_footer
entry_header

こんなところに




↑こんな山のてっぺんに…



一体、どんなふうに、これらを建てたのでしょう⁉
ワット・チャルーン・パキア。
気の遠くなりそうな作業。

気の遠くなる思いで見に登った。
本日、気温、41度。
entry_footer
entry_header

次の町



自転車ない、バイクもない、
観光しように、足もない~♪

どうにか確保した手段で、回ってみた。
ランパーン、古の文化を残した、
穏やかな町。

多分、気温、40度超え😅
entry_footer

side menu

side_header

プロフィール

Author:パピナン
旅のHPを作りたいと思いながら、
実現しないまま10年の歳月が流れ…
ブログ立ち上げをきっかけに、
新たな旅の記録を残しています。
日々の楽しみ事など散りばめて。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

side_footer

side menu

side_header

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

MATERIAL

[背景、記事テーブル素材]
レースの壁紙
レースの壁紙 様

[素材の加工]
FC2blogの着せ替えブログ

Powered By FC2 blog

side_footer