2017-07

« 12345678910111213141516171819202122232425262728293031»
entry_header

旅2011 ロンドン母娘の旅 3日目 コッツウォルズ

2011.10.31(月)
今日は、コッツウォルズへおでかけです。
一日ツァーを申し込みました。
バスで、バイブリー、ブロードウェイ、ボートンオンザウォーター、バーフォードと巡ります。
小雨が降ったり止んだりの曇天日。
バスは私達二人を含めての9人の日本人を乗せて。
街中を通り過ぎると、あっという間に田舎の景色。
田園風景(240x180)

コッツウォルズ (240x180) (2)

緑の牧草地が延々続きます。イギリスは産業革命で一気に近代化するのですが、この様に取り残された地域があり、その地域の経済は沈んでいきます。しかし、最近は「自然志向」や「ロハス」などが好まれて、観光客を招じて復興しているとか。

この天候に、この景色。ふと、「ジェーン・エア」や「嵐が丘」のストーリィが頭をよぎります。

最初の村は、バイブリー。ウィリアム・モリスが「英国で一番美しい村」と称したところ。淡色石灰岩でできた家々が可愛らしく、ピーターラビットがヒョコヒョコと歩いていそうな雰囲気です。(P.R.は湖水地方ですが)
マスの養殖が盛んであるとか。スワンホテルをのぞいてみました。
コッツウォルズ(240x180)
スワンホテル


次に訪れたブロードウェイは建物も多く、にぎやかです。コッツウォルズで一番大きい村だとか。
ここでは建物は、はちみつ色がかっています。チョコとケーキで10時のおやつにしました。
田舎家(240x180)
今も、ここに人が住まいしておられます。紅葉が美しい。


コッツウォルズ (180x240)



次の村ボートンオンザウォーターは村の中を川が横切っています。いつかのTV番組で、この川の中でサッカーをするのだとレポートしていました。川の両サイドには素敵なお店や博物館が並んでいて、いずれも興味をそそられます。
ここで、昼食を摂りました。
イギリス名物fish & chipsにトライです。
一人前を注文しましたが、「どうしましょう?!」と言うくらい大量です。
しかし、カラッと揚がっていて、モルトヴィネガーをかけて食べたら、とても美味でした。

最後の訪問地はバーフォードです。
緩い坂道の両サイドに、いろんなお店が立ち並んでいます。コッツウォルズは建物に風情があり、木々に四季の移ろいを感じ、人々の日常の営みが粛々と成されている様子を感じます。観光客相手だけど、彼らの日常の中に観光客がお邪魔をしているといった具合でしょうか。
バーフォード教会を訪ねました。
日曜日には、村人たちがここに集まって、お祈りを捧げるのでしょう。
        コッツウォルズ (240x180)

ロンドンの喧噪を離れての一日。
ジェーン・オースティンの描いた日常を少し垣間見たような気分になりました。

entry_footer
entry_header

COMMENT

Please write a comment!


 管理者にだけ表示を許可する

entry_footer
entry_header

TRACKBACK URL

http://pnreborn.blog.fc2.com/tb.php/110-cec52cf3

entry_footer

side menu

side_header

プロフィール

パピナン

Author:パピナン
旅のHPを作りたいと思いながら、
実現しないまま10年の歳月が流れ…
ブログ立ち上げをきっかけに、
新たな旅の記録を残しています。
日々の楽しみ事など散りばめて。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

side_footer

side menu

side_header

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

MATERIAL

[背景、記事テーブル素材]
レースの壁紙
レースの壁紙 様

[素材の加工]
FC2blogの着せ替えブログ

Powered By FC2 blog

side_footer