2017-06

« 123456789101112131415161718192021222324252627282930»
entry_header

旅2012 タイ・ラオス陸路国境越えの旅 4日目 街ぶらり

2012.1.5(220日)
明日はパクセーを発つので、今日は町をブラブラして過ごすことにした。
ここのホテルは、前回ルアンパバーンのホテルと同様、元々が王室のもので、扉や窓は雨戸との二重仕立てになっている。木製の観音開きの雨戸が、実にオリエンタルな雰囲気を醸し出している。アジアのリゾートホテルが、この様式を真似ている。

ゆっくり目の朝食には、私達の他には誰もいなくて、のんびりゆったりと食事を摂った。

午前中に歩いて、タラート・ダオファンに行った。
人々は皆、朝の間に買出しに来るらしく、公設市場の中の店も、外のテントの店もびっしり開店して、お客さんがあふれている。
フードコートも広大で、見たことのない食べ物が並んでいる。
yellow nuddle を見つけた。ネギ、パクチー、レバーは定番で、さらにクリスピーチキンを入れたものをクイッティオにした。ラオスのラーメンは一様に味がしっかりしている。

昼食をしに、パクセーホテルに行ってみた。黄色の建物で、こじんまりしているが、ヨーロピアンには人気のホテル。ピロティ・レストラン(Le Panorama)でスペシャルランチを。メニューは、鶏の中に詰め物がしてあり、スィート・チリソースで。ごはん、野菜、コーヒーがついている。お料理は、どことなくフレンチっぽい。
P1050336パクセーホテル・ランチ (240x180)
何だか、真っ黒で良く分からないけど、鶏肉の中にお野菜などの詰め物が入っている


おやつに、ここのバナナフリッターを食べた。これも美味。

午後はゆったりとマッサージ。
丁度、ホテル向に「ドーク・チャンパ・マッサージ」の看板がかかっていたので、入ってみた。
ハーブ・オイル・ボディ・マッサージ(1.5時間)で95000kip(400B)。マッサージをしても胸は触らないので、安心して受けた。

お昼のお食事が美味しかったので、夜もパクセーホテルに来ることにした。
昼間と違って、屋上にあるレストラン(Le piloty de Noy)。眼下にパクセーの町の明かりが灯り、夜空には満天の星。そよそよと風が吹いて気持ち良い。
お客さんは、全員ヨーロピアン。
そうか、ここのお料理は、ラオテイストのフレンチだから。
P1050342パクセーホテル、鶏の照り焼き (240x180)

鶏の照り焼き



P1050343パクセーホテル、鶏の詰め焼き (240x180)
鶏の詰め物



ラオスの町は早じまい。どこのレストランも10時には閉店。
さて、私達も”おひらき”としますか。
entry_footer
entry_header

COMMENT

Please write a comment!


 管理者にだけ表示を許可する

entry_footer
entry_header

TRACKBACK URL

http://pnreborn.blog.fc2.com/tb.php/117-4569b4f3

entry_footer

side menu

side_header

プロフィール

パピナン

Author:パピナン
旅のHPを作りたいと思いながら、
実現しないまま10年の歳月が流れ…
ブログ立ち上げをきっかけに、
新たな旅の記録を残しています。
日々の楽しみ事など散りばめて。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

side_footer

side menu

side_header

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

MATERIAL

[背景、記事テーブル素材]
レースの壁紙
レースの壁紙 様

[素材の加工]
FC2blogの着せ替えブログ

Powered By FC2 blog

side_footer