2017-07

« 12345678910111213141516171819202122232425262728293031»
entry_header

タイ・ラオス国境の街とバンコク・リゾートの旅 灼熱探検隊(2日目)

2013.5.9木(1年+345日 295日)
ホテルは街の中心地から少々離れているため、「足」がないと動けない。
いつものことながら自転車を借りて、この地方で有名な「タート・インハン」というお寺に行きました。
ここからだと、片道20km足らず。
気温40度を超えるかという灼熱の中を、「行け行け、パピナン探検隊!」
ラオスのガイドブックで詳しいものはあまりありません。ラオス第二の都市と言っても、案内はたったの2ページ。
夫は、方角的にあの辺りかなと見当をつけて、道路標識の表示を頼りに出かけました。
たいへんアナログ。

道の紹介
 お寺へ向かう道
 周りは木々や花木が繁っています



牛の紹介
 人の姿はほとんど見かけません
 車も滅多に通りません
 牛はアチコチにいます



自転車紹介
私達の足となってくれたのは
この自転車
後はbungva lake



道と自転車
景色のよい処で休憩



ジュース買って休憩
 小店を見つけたので
 (右横手の小屋)
 ジュースを飲んで糖分補給



お寺紹介
 タート・インハン



見た感じが武骨なお寺ですが、ラオスだけでなくタイからも参拝客が訪れるほど崇められているお寺です。
(タイのタート・パノムと対をなすといわれている聖地です。タート・パノム行は後ほどアップします。)

タートインハン お参り


シンと言われる巻きスカートをはいてお参りです。女性は長いスカートを着用していなくてはならず、献金みたいな感じで20バーツで借りました。
写真では分かりにくいですが、手にはお供えの蓮の花と花飾りを持っています。



タートインハンお参り2



お寺にはタイからの観光客と思われる人達が来ていました。
あまり車を見かけなくて、「この人達は、どのようにして来たのかな?」と、ちょっと不思議です。

朝早くに出かけてきたので、往路は暑さがマシでしたが、復路は太陽が真上に来ていて、休憩するような日陰もありません。ペットボトルのお水は、もちろんお湯になっています。

日焼け
 日焼け
(親指の付け根。
 見えにくいですね(^^;))


ホテルに帰って、手を見てビックリ。
日焼け防止の完全武装で、指だけ出る日除け手袋をしていましたが、何と出ていた親指が日焼けしています。
こんなの初めてです。

ヘロヘロになるようなことをしながら、何故か心の中には爽やかな風が吹いています。
ラオス全体に流れるのんびり感、スロー感がとても心地よく感じられるのです。

メコン川風景
 メコン川での投げ網漁


メコン川は人々の生活に深くかかわっています。
川では朝から夕暮れまで漁をしています。

メコン川 家族
夕涼みに来た家族連れ



夕方になると、川沿いの歩道に、三々五々に人がやってきます。
一台のバイクに、お父さん、お母さん、子供と3人乗りでやって来て、家族だんらんの夕涼みです。
ささやかなささやかな幸せに包まれている家族連れを見ていると、胸の中にほんわかと温かいものが広がります。



メコン川 夕焼け
ラオスの夕は静かに暮れていきます。
向う岸はタイランド


entry_footer
entry_header

COMMENT

おはようございます♪
やはり場所場所でイメージカラーが違う!
これは私の勝手なイメージ(笑)
タイ・バンコクは どんなに緑・青が綺麗でも
な~ぜか 赤茶色のイメージが抜けない・・・
それだけ土の部分があるって事なのかな~?

あ!まだまだグルメリポートがあるね(笑)
パナピンさんの旅行記それも楽しみなのよね~♪
パナピン探検隊の続きが楽しみです~♪

お帰りなさ~い。
ちょっとチェックしてなかったら、旅行記がどんどん進んじゃってます。
一気に読みましたよ。まだまだ『つづく・・』ですよね。

ところで片道20キロを自転車で往復ですか(汗)
本当に観光でなく探検隊がピッタリ!!
つづき楽しみにしてま~す♪

ラオス面白ーい!

人も車もいなくてまさにリゾートにぴったりのところですね。足がなくてチャリっていうのが面白い。
アメリカ人だったらNo wayなのに、日本人はチャリでどこへもいきますものね。パピナン探検隊無事到着の寺院。ちっこいアンコールワットみたいな建築。ウシがだらだらとその辺にほっつき歩いてるし。のどかだわー。日本にももうない景色ですよね。なんかこういう風景をみると心がとてもゆったりしますね。とても良いところに行かれました。しかし灼熱なかを片道20キロでチャリ。天然の温熱療法だわ。ほっとヨガより痩せたんじゃない?

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

福豆 2号さんへ

コメントありがとうございます。
タイ・バンコクが赤茶色のイメージ…分かるような気がします。
遺跡には煉瓦造りの所も多く、いろんなレリーフも長年の風雪に耐え、ドドメ色になっていたりします。(^^;)
ウハッ!ご要望にお応えして、次は食べログですよ~

あのん☆5さんへ

コメントありがとうございます。
私も帰ってきたら、皆さんのログが先に進んじゃってて…('_')

スローライフって言葉がはやりましたが、まさにスロートリップですわ。
アナログなことこの上なし。
旅ログもスローペースで、チンタラ続きます。よろしく~

桜子さんへ

コメントありがとうございます。
ラオスはまだまだ未開発のところです。
携帯(ガラ系です(^^;))のメールさえ通じない、通信も整備されていない場所で、何事も自力、人力です。
こののどかさに惹かれて、訪国も4回目。
なんか、このペースが性に合っています。
ハードなサイクリング、ひたすら水分を飲みました。手指がパンパンになるくらい飲んじゃった。(*_*;

ワイルドだなぁ~

灼熱の20kmサイクリングですか?ハナから鍛え方が違う!(笑)さすがですね〜!!
ゆっくり時間の流れる国での移動、出来ればモータリゼーションに頼らない方法が適しているのでしょうね…

読んでいるとこちらまで、心地よい風に吹かれた気分に…
素敵なレポ&写真、ありがとうございます~(*^^*)

お~灼熱!自転車!パワフルですね。
親指も焦げるわけですよね(^0^)

のどかで、自然で、本当に旅してる(探検かな)って感じがすごくいいです!

うちのオタクたちとの家族旅行ではありえないです。
あこがれます。

ちゃこさんへ

コメントありがとうございます。
目下、自分達のやりたい、ありたい旅の方法を手探り中。
「心地よいな~」と感じられるあり方に落ち着いていくと思います。
自転車スピードで景色を見ていると、色んな面白いものを発見するんですよね。
ログはまだまだ続きます。
また、覗きにいらしてくださいね。

ばんちゃんへ

コメントありがとうございます。
我家は20年前から子供達も一緒に旅をしています。
旅の在り方は、旅人の数や年齢に応じて色んな変化を遂げました。
そんな変遷も面白いですよ。
ばんちゃんちも、まだまだ変化中だと思います。

Please write a comment!


 管理者にだけ表示を許可する

entry_footer
entry_header

TRACKBACK URL

http://pnreborn.blog.fc2.com/tb.php/247-60bbe7de

entry_footer

side menu

side_header

プロフィール

パピナン

Author:パピナン
旅のHPを作りたいと思いながら、
実現しないまま10年の歳月が流れ…
ブログ立ち上げをきっかけに、
新たな旅の記録を残しています。
日々の楽しみ事など散りばめて。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

side_footer

side menu

side_header

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

MATERIAL

[背景、記事テーブル素材]
レースの壁紙
レースの壁紙 様

[素材の加工]
FC2blogの着せ替えブログ

Powered By FC2 blog

side_footer