2017-08

« 12345678910111213141516171819202122232425262728293031»
entry_header

楽しみ週間 京都紅葉編

2013.12.7土(2年+192日 1年+142日)
記事は2日遅れで追っかけています…(^^;)
今記事も長文になります<(_ _)>

前日に引き続き、この日は紅葉狩りをしようと嵐山に集合です。
渡月橋
 渡月橋から見る嵐山



嵐山川
川面に映る紅葉



災害被害も修復された嵐山、渡月橋。
山は紅葉からやや枯葉に近寄った色合いです。
川のせせらぎや川沿いの木々に心鎮まります。
___ ___ ___

町並み保存地区
 町並み保存地区


愛宕山のふもと、町並み保存地区にはかやぶき屋根の家屋が数件あって、石畳が続きます。


平野屋囲炉裏
平野屋の炉を囲んで



志んこと抹茶
 志んことお抹茶



前日同様、まずは腹ごしらえからスタートです。
「志んこ」と呼ばれるお団子は米の粉から作られ、黒砂糖入りの黄粉がまぶしてあって、素朴なおやつです。
お抹茶を頂きながらほっこりして、さあ、出発です。
___ ___ ___



祇王寺 小屋根
 祇王寺(こちら



祇王寺庭
祇王寺 庭



祇王寺の入り口までは常緑の生垣に囲まれた細い道を通っていきますが、
入口をくぐると、眼前にモミジの庭が拡がります。
山中の静かな佇まいは、「悲恋の尼寺」の呼び名の通りです。
___ ___ ___


大河内山荘 小屋根
 大河内山荘



大河内山荘 庭園
大河内山荘 庭



かつての名優・大河内伝次郎が30年の歳月をかけてコツコツと作り上げた山荘。
2枚の画像から想像できない敷地面積2万坪の庭園と、嵐山の借景。
山荘というジャンルの日本家屋建築の美しさと、日本庭園の美しさに心躍りました。
夫を連れて、また、行きたい場所です。

野点風に、山の景色を眺めながら、御菓子とお抹茶をいただきました。
(昼食がまだで、とても空腹な中、これが誘い水となって…)
___ ___ ___ 


竹林の道
 竹林の道


嵯峨野の竹林、
昔の人々は延々続く竹林を分け歩き、山深い寺を詣でていたのでしょうね。
この風情が更に趣のある景色を作り出しています。

もう一カ所行きたいところがあるのですが、
あまりの空腹さに、お昼を食べようと提案しました。

よしむら 店構え
嵐山 よしむら(こちら


川沿いにある「よしむら」。
由緒のあるお店のようです。
川を眺めることのできる2階席は満席でしたが、お庭を眺めながら食べることのできる隣建物へ案内されました。


よしむら京野菜そば
 京野菜そば


お蕎麦が見えなくなってしまうほどのたっぷりなお野菜。
黄色いのはカボチャです。
やはり京都のお蕎麦。
細く、色白で、上品なお蕎麦でした。
___ ___ ___

やっと、人心地ついて街中へ帰ります。
昔、私が通学していた頃、京都には路面電車が走っていましたが、
地下鉄に取って代わられました。
嵐電は一部路面を走り、何だか、ひどく懐かしい気がしました。

や~、嵐山から街中へは思いのほか遠いこと。

川井勘次郎記念
 河井寛次郎記念館



前日、国立京都近代美術館で寛次郎の作品を幾つか見ていましたが、
思い立って、またしても夕暮れ前に飛び込み鑑賞です。

勘次郎 作品
寛次郎作 民芸の数々



「民芸」を引っ張って来た寛次郎の作品の数々や、素焼き窯、登り窯があり、
「この机で図案を考えたのかな?」とか「この部屋に人が集ったのかな?」と想像しながら鑑賞するのは、
たいへん楽しい1時間でした。
___ ___ ___

友人は新幹線の時間が迫ってきていて、JR京都駅へ、
私は四条河原町と、それぞれがそれぞれの帰路につきました。

Sさんとは「〇〇ブログ村」で出会ったブロ友さんですが、
1年違いほどで病気をして、
現在、健康状態が似通っていて、
共通の趣味や嗜好を持ち、
こんな風に「楽しい遠足」をご一緒できるようになったことを大変嬉しく思っています。

前回お会いした時と違って、乳がんに関するお話はほとんどなく、
お互いの治療が着々と進んで行ったことを感じます。

次にお会いできる時には、
この健康状態を保ち、
更にハツラツとしているようになっていたいなと思っています。
entry_footer
entry_header

COMMENT

Please write a comment!


 管理者にだけ表示を許可する

entry_footer
entry_header

TRACKBACK URL

http://pnreborn.blog.fc2.com/tb.php/328-04e1108d

entry_footer

side menu

side_header

プロフィール

パピナン

Author:パピナン
旅のHPを作りたいと思いながら、
実現しないまま10年の歳月が流れ…
ブログ立ち上げをきっかけに、
新たな旅の記録を残しています。
日々の楽しみ事など散りばめて。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

side_footer

side menu

side_header

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

MATERIAL

[背景、記事テーブル素材]
レースの壁紙
レースの壁紙 様

[素材の加工]
FC2blogの着せ替えブログ

Powered By FC2 blog

side_footer