2017-10

« 12345678910111213141516171819202122232425262728293031»
entry_header

旅2012 タイ・ラオス陸路国境越えの旅 2日目(前編)

パークソーン、タートパースワム、タートニュアン、タートファーン&ワット・プーへ(2012.1.3=218日)

 昨日、ツァーをホテルに依頼していて、2日間で、こちらの希望するところに行って6200B。
8:30にスーサッダさんという人が、大きなバンでお迎えに来た。英語もほとんど通じない。少しのタイ語でコミュニケーション。
先ずはタート・パースワムへ。
滝の周りはエコツーリズム施設で、民俗村があり、住民が手工芸品などを作っている。
両手両足を使っての機織りは、素朴な綿の織物で、自宅用にテーブルクロスを一つ買った。
生活しているのは少数民族で、ショーではなく、実際に生活している。

パースワムの滝は落差があまりなく、広い川幅で、たゆたゆと流れている。
森の中をのんびり散策しながら、バンガローの一枚板家具の立派さに驚いたり、つり橋をハラハラ渡ったり、さながらハイキング。

 タートパースワム

移動途中、ボーラウェン高原のコーヒー園に寄った。
「パークソーンコーヒー」の銘で、ラオス中に売っている。中国茶も名産の様。

次は、タートニュアン。
野原には静かなせせらぎがあり、のどかな空気感が流れているが、突然、川が落ち込んで断崖絶壁に。
落差40m。滝壺に下るには、急な階段を下りていく。滝飛沫を一杯浴びて、マイナスイオン独り占め。

滝の3連発で、最後はタートファーン。
残念ながら、谷川の向こうで、近付くことはできないが、落差は200mとか。自然が保護されていて、人を拒絶する風情がある。

 タートニュアン  タートファーン
  タートニュアン             タートファーン

   
entry_footer
entry_header

COMMENT

写真も上手にアップできているね!
これからが楽しみ♪

もっとパピナン節で語りかけてよ☆

Re: タイトルなし

訪ねてくれてありがとう。書き残していた過去logをせっせと書くね。

Please write a comment!


 管理者にだけ表示を許可する

entry_footer
entry_header

TRACKBACK URL

http://pnreborn.blog.fc2.com/tb.php/35-db9e6b00

entry_footer

side menu

side_header

プロフィール

パピナン

Author:パピナン
旅のHPを作りたいと思いながら、
実現しないまま10年の歳月が流れ…
ブログ立ち上げをきっかけに、
新たな旅の記録を残しています。
日々の楽しみ事など散りばめて。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

side_footer

side menu

side_header

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

MATERIAL

[背景、記事テーブル素材]
レースの壁紙
レースの壁紙 様

[素材の加工]
FC2blogの着せ替えブログ

Powered By FC2 blog

side_footer