2017-05

« 12345678910111213141516171819202122232425262728293031»
entry_header

酷暑のタイ・ラオス 元気の素を得た旅 ~ド迫力~

2014.5.20火(2年+356日 1年+306日)

現地観光の「足」を確保する時、
私達は、ホテルフロントに尋ねたり、
ベルボーイに尋ねたりします。
コンシェルジュにも時折、尋ねます。
田舎町だと、彼らの知り合い筋の人(観光客相手の仕事をしている)との仲介をしてくれることが多いです。
前回パクセー訪問で行きそびれたシーパンドーンへ行こうと車を手配。
ラオ語しか話せないドライバーさんが、
大きなバンでやって来てくれました。

シーパン(=4000)ドーン(=島)はラオス最南部の町。
カンボジアとの国境のメコン川に幾千もの島々が点在していて、
その中のコーン島に行ってきました。


ラオス牛の群れ

↑ホテルから船着き場のあるナーカサンまでは車で2時間。
道中は、木々が繁り畑の広がる田舎の景色。
家畜牛が、餌の草を求めて、
あちこちで道路を横切ります。
ヤギもニワトリもイヌも奔放に暮らしています。


コーン島へ
ナーカサンの船着き場
島々の景色
カヌーを楽しむヨーロピアン
島での宿泊はバンガローのみ


危なげな船でコーン島までは約30分位です。
アチコチに小さな島が見える風景は不思議な感じです。
こちらへの観光客は長逗留するヨーロピアンが多いようです。


コーン島貸自転車や
島に着いたら「足」の確保
自転車を借りました。
よく整備されています




ソムパミットに向かう
舗装のない道をこいで
竹林を潜り抜けていくと
(勅使河原氏の生け花の様)


眼前に広がる、見たこともない様な景色。
ソムパミット1



ソムパミット2



「ソムパミット(リーピー)の滝」
滝は幾筋にも分かれて、
水流は露出した岩盤に激突しながら流れ落ちています。
写真でも文字でも表現しきれません。
この雄大で不思議な景色を、
しばし、楽しんでください。

___________________

ナーカサンに戻り、車で移動して
次に訪れたのは、

コーンパペンの滝
コーンパペンの滝
ラオス最大、
メコン川最大の滝


幾筋もの水流が混じりあい、大音響と共に流れていきます。
大きい!ド迫力!
言葉に窮した私は、子供達へのメールに、
「滝が横向きに落ちててん」と書きました(爆)。

日本にはあまり紹介されていないところで、
他所の国の旅行者は結構行っている場所ってあります。

シーパンドーン。
まだまだ、手つかずの自然が残っているところ。
誰かの目に留まったら嬉しいです。


entry_footer
entry_header

COMMENT

すごい!

水と緑の国ですね、ラオス!
自転車で頑張ったからこそ見られた景色ですよね。
ああ、世界には、知らないことや知らない景色がいっぱいあるんだなあ。
あー、わたしも旅に出たーい。

パピナンさん、ラオスご飯編は~?
待ってマース♪

迫力すごい

さすが大河のメコン
でもこんな滝があるなんて知りませんでした、びっくり(⌒▽⌒)
涼しげな水が気持ち良さそう!

harucoさんへ

コメントありがとうございます。
「水と緑」、ホントだね~!
舗装のない道路が沢山あって、
旅をしているだけで、
アドベンチャーな気分になれるところですよ。

私達の知っている情報って、
ごく限られた、偏ったことが多くて、
未知なる世界に遭遇した時に感じる幸福感は絶大ですね。
食べログはもうちょっと待ってね。
ドド~ンと大放出しますよ。

nanaさんへ

nanaさん、どこから~?
旅先からのコメント、嬉しいです。ありがとう!

ラオスには大河や支流の川が沢山あるから、
あちこちに滝の観光名所があります。
(次のログも滝なの…(^^;))

日本にはまだ紹介されていない海外の旅先っていっぱいあって、
情報がなかなか得られないけど、
私は、nanaログで見つけます。
テレビより早くて、密着型だよ~。

ご帰国後の旅ログ、楽しみにしています(^O^)/

ラオスって凄いですね。
手つかずの自然が一杯残ってるかんじ。
全然観光地化してないから自然のまま。
こういう所は本当に少なくなっていますよね。
本当に雄大な自然。爽快だったわけですね。
それにしてもメコン川さすがにすごい水量ですね。
今回面白い所にいかれましたね。
私もちょっと探検に行きたくなりました。

桜子さんへ

コメントありがとうございます。
ホントに、観光地化していないところの人達って、
全然擦れてないのですよね。
お店の女の子なんか、はにかんだ顔をして
飲み物を渡してくれます。

自然は面白い地形を作って、
滝が多いです。
まだ、暑季なので雨が少ないですが、
雨季だとタイヘンな景色かもしれない…

すごい!大自然!
パピナンさんの旅ブログにはいつもその行動力に感心させられます。すごい!
私も旅意欲がむくむくと出てきてしまっています。
行きたーい!

パピナンさん
「滝が横に落ちててん」にその迫力を想像しています。
ラオスって凄いところなんですね。
旅行というより探検!
迫力ある景色の前には、
体調不良なんて吹っ飛ばせそうですね。

ケイトさんへ

コメントありがとうございます。
個人旅行なので、
何でもかんでも、自分たちで手配しないといけませんが、
世の中にインターネットが流通して、
とても便利になったなと思います。
準備はほとんど夫任せで、
私はもっぱらログ専門です。

旅には良いシーズンの到来。
ケイトさんの旅熱に刺激を送りましょ!

ゆらゆらさんへ

コメントありがとうございます。
元気になってから旅に出るか、
旅に出て元気を得るか…
もちろん、後者です。(^-^)
どんどん歩けて、着々と動けて、
「お、やれば出来るヤン」と思ってしまいました。

ゆらゆらさんは、出会った景色を
「描いて」残すことが、お出来になるので素敵ね~。
景色の中に「感じたこと」がいっぱい表現されていそう。

Please write a comment!


 管理者にだけ表示を許可する

entry_footer
entry_header

TRACKBACK URL

http://pnreborn.blog.fc2.com/tb.php/368-6b0aedd1

entry_footer

side menu

side_header

プロフィール

パピナン

Author:パピナン
旅のHPを作りたいと思いながら、
実現しないまま10年の歳月が流れ…
ブログ立ち上げをきっかけに、
新たな旅の記録を残しています。
日々の楽しみ事など散りばめて。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

side_footer

side menu

side_header

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

MATERIAL

[背景、記事テーブル素材]
レースの壁紙
レースの壁紙 様

[素材の加工]
FC2blogの着せ替えブログ

Powered By FC2 blog

side_footer