2017-10

« 12345678910111213141516171819202122232425262728293031»
entry_header

酷暑のタイ・ラオス 元気の素を得た旅 ~国境を越える~

2014.5.15木(2年+351日 1年+301日)

日本の自宅を出てから16時間(関空を飛び立ってから12時間)で目的地パクセーに到着です。
バンコクからウボンラチャタニまでは空路で、
ウボンラチャタニからパクセーまでは国際バスを利用しての陸路です。

さて、国境越えをご案内します。(^^;)
利用乗り物
 写真は
 ・国際バス
 ・ホテルまではソンテウ
 ・ターミナルには行商のおばちゃん達



国際バスのチケット購入には、パスポートの提示が必要です。
ウボンラチャタニからのバスは1時間半ほどで国境に到着。
乗客は貴重品を持って、大きい荷物をバスに預けたまま、徒歩でイミグレへ。
バスは荷物だけを積んで国境を越え、ラオス側で乗客を待っています。

タイ側イミグレ
 タイ側のイミグレーションで出国手続きを


     

国境地下道
地下道をくぐると国外へ


 

タイ・ラオスduty free
ここはタイを出たけど、まだラオスに入っていないところ。
左手にあるのは免税店です。


 

ラオスイミグレカード
ラオスの入国カードを書いて、
イミグレを通れば、
そこはラオスです。
 



飛行機での出入国と手順は全く同じですが、
トコトコ歩いて、
あっという間に隣国に入るってのが、
何とも面白い。

乗客全員が集まったらバスは発車するのですが、
バスを見失って、なかなか戻ってこられない乗客もおられます。(^^;)
国境からラオス・パクセーまでが約一時間。
パクセーのバスターミナルが移動していました。
(前回は2012年のお正月に行ってます)

バスターミナルからホテルへは前出画像のソンテウに乗って。
もちろん、値段交渉をしてから。
バスで一緒になった、一人旅の日本人女性も同乗です。

チャンパサック グランドホテル
チャンパサック・グランドホテル
友好橋のたもとに建っています


ホテルを見て、日本人女性の方が驚かれました。
「ここに泊まるの?」
バンコクからパクセーには飛行機も飛んでいます。
ウボンからバスで来るなんて、ふつうはしないことで、
その方は、私達をバックパッカーだと思われた様でした。

確かに、かなり個人自由な旅をしていますが、
宿泊は、水回りがしっかりしてそうな処を、
どうしても選びます。(*_*;

バックパッカーにはなり切れない、
これが、おっちゃん・おばちゃんの旅のスタイルです。(笑)


entry_footer
entry_header

COMMENT

バックパッカーだなんて^^

失礼しちゃうわよね…というか、絶対そうは見えないですやん
どうみても山の手マダムですもん^^v

ラオスって意外に都会? ホテルもステキ! 意外なんて言ったら失礼なのかしら…
続きが楽しみ! けどそろそろ逃亡時期なんで、読めるのはいつか…
続きが気になる~~

nanaさんへ

コメントありがとうございます。
バックパッカーというよりは、
ボーイスカウト的なあり方かな?と思ったりもします。(笑)
ラオスはね、フレンチスタイルが色濃く残っていて、
市場で誰もがフランスパンを買って行く様子と、
お国の力量とのギャップが魅力的です。

nanaさん、やっぱ、お出かけだ~(^O^)/
ログはチンタラと書き綴りますので、
nanaさんが帰って来ても、まだ続いてるかも(爆)。

いよいよ始まりましたね。
国際バスで移動して国境越えるのオツなもんですね。
こんな所にも日本人みたいな?
三輪車におばちゃん屋台が雰囲気でていますね。
突然、すごいホテル出現!
どっかの国の資本で建てられたのかしら。
周りとのギャップが面白いですね。
パピナンさんがバックパッカー?
見えん見えん。
ラオスとフレンチスタイル面白そうですね。楽しみです。

桜子さんへ

コメントありがとうございます。
桜子さん達は、
カナダやメキシコは陸続きだから、
陸路で隣国へってのは身近な感じかもしれませんね。

ラオスはまだまだ経済事情がよろしくない途上国で、
手つかずの自然がいっぱい残っています。
舗装されていない道もいっぱい。(^^;)
そこに忽然とフレンチの香りですからね。(^O^)/
フレンチフルコースもご紹介しますよ~

パピナンさん、

ラオスに行かれてたんですね!
実はラオスには行ったことがなく。

陸路でラオスなんて、
相変わらずワイルドな旅、素敵です~♪

ウボンラチャタニ・・・。
以前、うちの社員旅行でBKK行きのTGが途中で故障して
ウボンラチャタニに不時着したことがありました。
ワタクシの参加する出発日ではなかったですけど、
その時初めてその地名を聞いたことを思い出しました(^^)

続き、楽しみにしておりま~す!

ろびんさんへ

コメントありがとうございます。
ウボンに不時着とは…驚かれたでしょうね。
田舎の、古~い飛行場なのです。
スワナプムは超現代的な空港。
タイが初めての人は、きっとショックを受けられたでしょうね。

このところ、陸路の国境越えに嵌っていまして。(^^;)
行け行け、ボーイ&ガールスカウト隊的な旅が続きます。
亀の歩みの旅ログですが、
よろしくお付き合いくださいね。

Please write a comment!


 管理者にだけ表示を許可する

entry_footer
entry_header

TRACKBACK URL

http://pnreborn.blog.fc2.com/tb.php/370-0c60620b

entry_footer

side menu

side_header

プロフィール

パピナン

Author:パピナン
旅のHPを作りたいと思いながら、
実現しないまま10年の歳月が流れ…
ブログ立ち上げをきっかけに、
新たな旅の記録を残しています。
日々の楽しみ事など散りばめて。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

side_footer

side menu

side_header

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

MATERIAL

[背景、記事テーブル素材]
レースの壁紙
レースの壁紙 様

[素材の加工]
FC2blogの着せ替えブログ

Powered By FC2 blog

side_footer