2017-09

« 123456789101112131415161718192021222324252627282930»
entry_header

水着を持たないリゾート・トラベラー~プーケット・ドライブ~

2014.10.8水(3Y+130 2Y+82)

データ編でも書きましたが、
プーケット島は北端のサラシン橋で本土とつながっています。

私たちは、
サラシン橋を渡り、パンガー湾を見ながらクラビを目指したり、
橋より北上して、日本ではあまり知られていないカオラックのビーチリゾートを見ながらのドライブをよくします。
9月は雨季で、晴れたり曇ったりのせわしない一日。

ドライブ準備


先ずはガソリンの補給。
スタンドの人がやってくれます。
(現地の人には、多分、セルフだと思う…)

ガソリンスタンドはコンビニやカフェが充実していて、
お気に入りのラビットクリーム(豚まんのクリーム版)を熱熱といただき、
道端でパイナップルを頬張ったりと…
あはは、食べてばっかり(^_^;)

パンガー湾は奇岩石でできた島々が点在している不思議な景色で、
クラビを目指しましたが、ドシャ雨が降ってきたので断念。
帰りかけたら雨が止んだので、
ピカリィの提案で船に乗ることに。

パンガーベイクルーズ
(左上より)
クルーズ案内 
船着き場 
湾内の島々
ガジュマロの木 カヌーで穴くぐり
ジェームズボンド島 


ボートをチャーターして湾内の島々を巡るというツァーで、
3人で1500Bで船一艘、おじちゃん付き。

160以上もの奇岩島の点在する湾内。
島にはびっしりとガジュマロの木が生えていますが、
根元は海水に浸食されて、
根なのか茎なのか判別できない不思議な様相。

白浜の半月島みたいに、
海水で浸食されてできた穴をカヌーでくぐります。
おびただしいほどのカヌーの数。

さらに進むと、
「007 黄金の銃を持つ男」のロケ地にもなったカオタブー島。
海からニョッキリ出た島を上手く撮れない(*_*;
その後ろにあるピンカン島には上陸することができて(有料)、
ボンド島をベスト・ポジションから見ることができます。




パンガーベイの島
バンジー島


こちらは水上集落。
イスラムの人たちが実際に生活をしています。
ポストももちろん使われています。
島の真中にはモスクもありました。
ここでの生活で一番大切なものは「真水」かもしれません。

何度もパンガー湾に沿ってドライブをしたことがあるけど、
海から見たのは初めてです。
曇り空と相まって、幾重にも重なる奇岩島の妖しげな様子に目を奪われました。

________________________

タクワパ
タクワ・パのバスターミナル
ターミナルの露天


この日は青空の広がる晴れ日。
カオラックを通り越してタクワ・パを目指します。

カオラックは津波の時にひどく被害を受けて、
津波記念碑が建っています。
ビーチ・パラソルやビーチ・アクティビティをほとんど見かけません。
(法令などで禁止しているのかも)
しかし、欧米の人々には人気のある場所のようで、
道を歩くのはほとんどが欧米人です。

タクワ・パはリゾートを越したところにある町。
ここの市場でイスラム系の人達が鶏のから揚げを売っているのですが、
揚げたてがとても美味しくて、
唐揚げを買いに1時間半、車を走らせます(^_^;)。

が、この日は、そのお姉さんたちがいなくて、
唐揚げに、ありつけませんでした。
ザンネ~ン!

持ち込みお菓子をパリポリ、
道端では買い食いして、
夜はレストランへgoな、
食べてばっかりのプーケットの日々でした。
entry_footer
entry_header

COMMENT

楽しそう♪
船でまわりなが見る景色や空気の感じは最高なんでしょうね~。
すごくうらやましいな。

ちなみにから揚げが大好きな私はから揚げにも惹かれます・・・♪

MINMINさんへ

コメントありがとうございます。
陸から見る島を、近くに寄って見たら、
波で削れて、不思議感いっぱいでした。

タイではどこにでも鶏の空揚げが売っていますが、
イスラム系の人たちが作る唐揚げは、
下味が付いていて、ホントにおいしいの。
日本の人も唐揚げが好きだよね。(^-^)

パピナンさん今回はしっかり”観光”されてきましたね。
タイの島面白いですねえ。何ともいえない不思議なかんじ。
どっかで見たことがあるようなと思ったら007シリーズで見たかも。タイとかの怪しい宿とかアクションもので登場する風景だわ。写真のかんじでしかわからないけど、タイの風景ってとてもリラックスしていていいですね。
私もタイにいつか行かなきゃね。

桜子さんへ

コメントありがとうございます。
いつもは夫と二人なので、行動もパターン化してしまいがちですが、
ピカリィが加わったことで、いつもにないことをして楽しめました。

そうよ、タイは町は賑やか、田舎はのんびりで、とても快適ですよ。
ぜひ、訪ねてみてくださいませ。

Please write a comment!


 管理者にだけ表示を許可する

entry_footer
entry_header

TRACKBACK URL

http://pnreborn.blog.fc2.com/tb.php/414-2a608e8c

entry_footer

side menu

side_header

プロフィール

パピナン

Author:パピナン
旅のHPを作りたいと思いながら、
実現しないまま10年の歳月が流れ…
ブログ立ち上げをきっかけに、
新たな旅の記録を残しています。
日々の楽しみ事など散りばめて。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

side_footer

side menu

side_header

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

MATERIAL

[背景、記事テーブル素材]
レースの壁紙
レースの壁紙 様

[素材の加工]
FC2blogの着せ替えブログ

Powered By FC2 blog

side_footer