2017-07

« 12345678910111213141516171819202122232425262728293031»
entry_header

カンボジア・タイ~幻に出会う旅~東洋のモナリザ

2014.12.17水(3Y+200 2Y+152)

遺跡群観光2日目です。

シェムリアップから40kmほど離れた「バンテアイ・スレイ」へ。
赤い砂岩でできた寺院、太陽光が当たれば燃えているように見えるので、
午前中が観光ベストタイム。

ホテルの観光トゥクトゥクは無料ですが、
ここは遠いので$5追加です。


道端のガソリン売り
 道端で
 見かける飲料?
 何だろうと
 思っていたら、
 ガソリンです。



ガソリン注入
じょうご(漏斗)を
使って、
ボトルから
ガソリンタンクへ



原始的な方法で、ガソリン注入。
ここの生活水準からすると、ガソリンはとても高い。


バンテアイスレイ
上段左・右:バンテアイ・スレイ
中段左・右:バンテアイ・サムレ
下段左・右:プレ・ループ
中段中央:アンコール国立博物館
 

バンテアイ・スレイは「女の砦」という意味です。
小さな遺跡ですが、彫刻類は彫が深く、洗練されて優美です。
アンコール遺跡群の中でも群を抜いた造形美です。。

中央祠堂には「東洋のモナリザ」と称される、大変美しいデバター像がありますが、
立ち入り禁止で見ることはできません。

実は、私は見たことがあります。
一番最初にこの地に行った時には、目の前で見ることが出来ました。
布のひだまでもが見えそうなほど緻密に彫られた小さな像です。

次に行った時には、ロープが張られていて、
少し離れた所から見ました。

今は、遺跡保護のために
お堂に立ち入ることもできません。

前出記事にも書きましたが、「旅は一期一会」。
物理的な意味でも、自分の心情的な意味でも、
「今、見る」ということに、大いに意義を見出しました。

次に向かった「バンテアイ・サムレ」は木立の中にあります。
「サムレ(ソムライ)族の砦」という意味で、
高い塀で囲まれた重厚な雰囲気は、
「砦」のイメージそのものです。

観光の行き来にいつもその前を通っている「プレ・ループ」。
ピラミッド式寺院で、
上まで登っていくには、階段+階段でエクササイズです。
階段勾配が急すぎて、
パスする塔もいくつも。

見上げると獅子の像(写真下段右)。
「孤高の獅子」という風情で、惹かれました。
狛犬ならぬ狛動物(笑)、愛らしいです。

昼食後は、アンコール国立博物館へ。
2007年にオープンしたそうで、来館は初めてです。

展示物は遺跡から出土した石像、レリーフ、碑文石など。
圧巻ですわ。
アンコール遺跡を、歴史、宗教などいろんな観点から考察した展示、
何国語でも説明が聞けて、俄か興味がわきます。

建物はおしゃれな感じに出来ていて、
人が少なく、静かで、落ち着いた雰囲気を味わえます。

博物館に入る前に、トゥクトゥクドライバーさんに
「これで、お昼を食べてて」と少しドルを渡しました。
とても喜んでくれたようで、
博物館鑑賞の後、
高級ホテルや王家の前に連れてってくれて、
パチパチ、記念撮影をしてくれました。

本日も、帰宿後は足マッサージに。
明日に向けて、足準備です(^_^;)。

entry_footer
entry_header

COMMENT

パピナンさんの旅ログ読んでてすごい行動範囲広いですねえ。本当にタフだわ。カンボジアの遺跡もすごくひろくてアンコールワット以外にも見応えのある遺跡が満載ですね。
赤い砂岩でできた寺院、太陽光が当たれば燃えているようって昔の人はよく考えましたね。すごく綺麗でしょうねえ。
それにしても足代をすごくお安いのでいろいろなところ気兼ねなく回れるのも魅力てきですね。
しかし階段。ダイエットされたから膝の方は快調のようですね。わたしも身軽にならなくっちゃ。

桜子さんへ

コメントありがとうございます。
「旅は一期一会」とは、体力的なことも含まれますね~。
すごく高齢の方や、杖をついた方も見学に来られてましたが、
観光はとても困難だろうなと感じました。
件の階段、勾配がきつくて、幅狭くて、
オソロシくて、へっぴり腰で昇降したところも沢山あります。

こんなすごい「都市」を築いた当時の王様って、
ホントに、「すごい」としか形容詞を見つけられません。

Please write a comment!


 管理者にだけ表示を許可する

entry_footer
entry_header

TRACKBACK URL

http://pnreborn.blog.fc2.com/tb.php/430-c3fabe01

entry_footer

side menu

side_header

プロフィール

パピナン

Author:パピナン
旅のHPを作りたいと思いながら、
実現しないまま10年の歳月が流れ…
ブログ立ち上げをきっかけに、
新たな旅の記録を残しています。
日々の楽しみ事など散りばめて。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

side_footer

side menu

side_header

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

MATERIAL

[背景、記事テーブル素材]
レースの壁紙
レースの壁紙 様

[素材の加工]
FC2blogの着せ替えブログ

Powered By FC2 blog

side_footer