2017-10

« 12345678910111213141516171819202122232425262728293031»
entry_header

カンボジア・タイ~幻に出会う旅~恒例の大晩餐会

2014.12.23火(3Y+206 2Y+158)

旅ログの締めくくりは「大晩餐会」(^v^)

「カンボジア料理って、どんなんだったっけ?」が出発点のカンボジアグルメ。
タイ料理ほど辛くなく、香菜も強調せず、
日本で私達がなじんでいる食材が多くて、
「穏やかな、食べ慣れているお食事」という感じでしょうか。
ココナツ系の甘さと、酸っぱいスープの酸味が特徴的かな?
サービスメニュー
上段左:ホテルレストラン 右:昼食の焼き飯
中段左:牛肉の串焼き(夕食) 
中段中:サービスディナーメニュー 
中段右:カリカリ豚のソンムタム風サラダ(夕食)
下段左:サツマイモのやし糖からめ 右:ビーフン焼きと春巻(昼食)


↑宿泊中、1回ついてくるサービス・ディナー。
初日に食べたら、とても美味しくて、毎晩、ホテルでお世話になることになりました。
サラダは少しの酸味と、香菜が効いていて、「カンボジア風」です。
お芋とやし糖って、すごく健康的なデザートでした。
素朴な味で、いけました。



おススメメニュー
上段:朝食
中段左:おススメメニュー「クメールセット」 右:ソム・ロー・プロ・ハー・スープ
下段左:パイナップルとシーフードのサラダ 
下段中:チキンソテーの生姜・ターメリックソースwithライス
下段右:フルーツ盛り合わせ


↑このスープが「カンボジア」的。
ハーブ、野菜、平茸、ミンチの入ったお清しスープ。あっさりとしていて、嵌りました。
カンボジアではスープは立派な料理です。
メインには、春巻きのうす皮に包まれたライス。しつらえがフレンチで、オシャレです。もちろん美味。
サラダは真っ二つに割ったパイナップル・ボートに入ってサーブされました。こちらもオシャレ。



おススメとてんぷら
上段左:シーフードと野菜の炒め物(昼食) 右:焼き飯(昼食)
中段中:野菜とシーフードの「テンプラ」


↑昼食はアンコールワットの観光客向けレストランで。
日本でいつも食べているのと変わらない味です。お値段も同じです。
こちらの水準からすると、とんでもないお値段だと思います。
夕食は昨日と同じ「クメールセット」を頼みましたが、
さらに一品追加で、「tenpura」と書いてあるものを頼みました。
ホントにテンプラです。それが、いつまでも熱々で美味しいこと。これは侮れませんよ。



朝・昼食
左上:チキンカレー 下:カニチャーハン
右側:朝食


↑初日のドライバーさんが是非食べてみてと言われた「チキンカレー」。
ココナツベースでやさしい味で、少しも辛くありません。スープ的。
ホテルの朝食はヴァリエーション豊富。
ベジタリアン対応かってほど、パン類やサンドが豊富。
麺類も「フォー、センミー、ビーフン」と麺種が選べます。スープはあっさり、おすまし風。



AMOKのあるディナー
上段左:チキンカレー 右:バナナの葉でできたカレーの器
中段左:ココナツアイス 中央:suticky rice ball やし糖入り 右:←を開いたもの
下段左:ダイアモンド・サワー・スープ  右:AMOK


↑夕食にもう一度、チキンカレーを頼みました。
お昼のよりも断然美味しい。味はマイルドだけど、スパイスが程良く、メリハリがあります。
器もバナナの葉(?)を串で止めて器にして、手がかかっています。
ホテルの名前のついたスープはすべて食べれる香菜やレンコンが入っていて、あっさり酸っぱいスープに魚入り。
これ、ホントに絶品でしたわ~。
AMOKは魚の身をココナツとともにパイナップルの葉に入れて蒸しあげたもの。
美味しいものは手間と暇がかかるのね、
デザートは、お彼岸団子のやし糖入り。素朴なお味ですが、懐かしい感じ。
ちょっと足りない気がして、ココナツアイスも頼みました。


最終日メニュー
左上:パックブンと牛肉のサワースープ 下:ポークチョップ
右上:カボチャのカスタードケーキ 中央:酢魚 下:バナナチップス


↑最終日、メニューを食べつくそうと、今まで頼んでいないものを頼みました。
スープには完全にノックダウンされました。カンボジアはスープだわ!酸っぱさ加減が私の好みにぴったり。
酢魚は笑えません。酢豚のお魚版。川魚料理が多いですが、いやもう、侮れません。
デザートも最後の一品、カボチャのケーキを頼みました。
カボチャはお料理にもデザートにもよくつかわれますが、
どちらも味付けがマイルドで、カボチャの甘みで、お菓子の甘さを出しているので、とても自然です。

まさに、カンボジアを食べつくした感ありです。
観光地での観光客相手のお店のお食事から、現地の人が食べるお店、ホテルと、様々な味を体験しました。
印象がなかったのではなく、私たちが日常に食べている味と似ているので、記憶の中で日常と同化してしまっていたのですね。
アンコールワットはしばらくは行かなくて良いと思いますが、
あのホテルのお食事は食べてみたい、ってくらい嵌りました。

食に満たされた旅は、とても好印象で、
この先、楽しい思い出となって残っていくでしょう。
_______________________
長々と旅ログにお付き合いいただきましてありがとうございました。
いつも、お訪ねくださる皆様、本年はどうもありがとうございました。
来年も、また、お訪ねいただけますと幸いです。
皆さまに良い年が訪れますように。

次の旅にぎりぎり間に合って、ログを書きあげることが出来ました。
ホッ&バンザ~イ
entry_footer
entry_header

COMMENT

カンボジアのお料理の数々とってもどれも美味しそうですね。目が泳いでしまいました。タイ料理のように激辛のものはあまりなさそうで日本人にはとってもうけそうなお料理ばかり。遺跡の数々もなかなか圧巻だし見応えもあるうえに、こんなに美味しいお料理に出会えるんだったらリピーターになってしまいそうですね。やっと平和になってこれから観光客も増えるようになるのかしら。
今度の旅ログも楽しみにしています。
来年もとってもよい旅がたくさんできますように。
来年もよろしくお願いいたします。

桜子さんへ

コメントありがとうございます。
泊ったホテルのセンスもあるのでしょうけど、
お料理が美味しくて、器類にも気を配っていて、楽しい食生活でした。
10年以上前に比べると、エライ開けちゃって、
どこへ行っても、ナントカ銀座みたいに込み合っていましたが、
これが、この国の人たちの繁栄の源。
繁栄しながら、世界遺産の存続に励んでいただきたいですね。

今年も、沢山通っていただいて、
沢山コメントをいただいて、ありがとうございます。
来年もお互いに元気に活動しましょうね。

Please write a comment!


 管理者にだけ表示を許可する

entry_footer
entry_header

TRACKBACK URL

http://pnreborn.blog.fc2.com/tb.php/432-bf46c847

entry_footer

side menu

side_header

プロフィール

パピナン

Author:パピナン
旅のHPを作りたいと思いながら、
実現しないまま10年の歳月が流れ…
ブログ立ち上げをきっかけに、
新たな旅の記録を残しています。
日々の楽しみ事など散りばめて。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

side_footer

side menu

side_header

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

MATERIAL

[背景、記事テーブル素材]
レースの壁紙
レースの壁紙 様

[素材の加工]
FC2blogの着せ替えブログ

Powered By FC2 blog

side_footer