2017-05

« 12345678910111213141516171819202122232425262728293031»
entry_header

チェンライ・バンコク~カウントダウンはバンコクで~いざ!国境の街へ

2015.1.20火(3Y+234 2Y+186)

「国境の街」という言葉の響きが好きです。
国や人々が諍いを起こしそうな緊張状態にあるような場所ではなく、
人・モノ・言語・通貨・文化が雑々と混じり合っているようなところが。

メーサイ国境地区

ミャンマーとの国境の街メーサイへはチェンライからミニバスが出ています。(写真左上)

最大18人乗りのミニバスに、ひとりB46(約160円)で満員に人を乗せて90分。
現地の人達はパスポートが要るようで、
「持ってくるのを忘れた」と途中、ひとり下車。
すると、また、途中から一人乗ってきます。(きっと、空席ありって表示を点けてるのでしょうね。)

帰路には、バスが止められて、
皆さん、IDカードを提示していました。
こういうの、結構「国境感」ありですね。

メーサイ・バスターミナルに着くと(写真中段右)、ソンテウに乗り換えます(写真右上)。
そして、ボーダー、イミグレまで行きます(写真中段中央)。
ここからは歩きで。橋を渡ると向うはミャンマーです(写真下左)。

今回は、私達は国境を渡らずに、ボーダー界隈のにぎやかさを楽しみました。
(過去にもメーサイは何度か来たはず。)
マーケットがズラリと並び(写真中段左)、
食品・衣類・装飾品などなど、いろんなものが売られています(写真下右)。

大型観光バスも多く来ているので、
ボーダー体験をしたい旅行者が沢山いるのだと思います。
お布団や毛布を買い込んでおられる方もいらして…旅行者だと思うのですが、どうされるのでしょう?!


メーサイ坂の上の寺
ワット・ドーイワオ

丘の上にあるお寺。
急な長い階段を上って行きます。(写真左下)
あまりにも急坂なので、バイクタクシーもあります。
私達はもちろんmy足で。

てっぺんには金ぴかのお寺があり(写真右中)、
ここの護り神なのか、サソリのオブジェも。

展望台から眺める景色は抜群。
ミャンマーのパゴダ群(写真左上)や仏像(写真右下)、
画像を載せていませんが、眼下にはメーサイ(タイ側)の街並み、
国境の橋を渡って越える人達と一望できます。

人が行き交い、活気があふれています。
これぞ、国境の街!


メーサイ昼食

お昼はメーサイのワン・トン・ホテルで。
カオ・パット(焼き飯)にはテンプラ・ウィンナーなどがついて、ちょっとオシャレ。味も良し。
カニ・カレー系の味も試したくて、チキンカレーを頼んでみました。
ココナツをベースに使っているので、お味がやさしい。美味。
バーミーナムだと思って頼んだものは、カレーラーメンで、こちらは◎☆■▽★*~残した(^_^;)。

帰路、面白かったこと。
ソンテウで5人の男の子と乗り合わせましたが、
全員、「オネエ系」。
お互いが買ってきた女性用バッグを見せ合って、
「あら、素敵ね~」とか「それ、かわいぃ~」とかと姦しい。
タイ語で話しているので、お話の内容は分からないけど、
喋り口調や仕草、完全にガールズ・トーク。
私達が日本人だとわかると、
日本語で「かわいい?」と聞いてきてはキャァキャァとはしゃいでいる。

タイでは、「オネエ」系の人は確かに多い。
フツーに働いていて、周りの空気になじんでいる印象(実際には分からないけど)。
周りの人も気にしていないというか、違和感を感じていない様子。
何度も見かけているから、私自身も違和感が薄れていってるのかも。

数分間、キャピキャピと明るい空気に包まれて、
楽しいソンテウ・ドライブでした。

entry_footer
entry_header

COMMENT

今回も色々所に行かれたのですねえ。
国境の町はにぎやかそうですね。
ミャンマーいいですねえ。ちょっとタイと違うかんじ?
相変わらずカレー系の食べ物がおいしそうですね。
オネエ系はこちらにも結構いるけど、男性のままのファッションの人が多いかな。でもオニイ系の人も結構沢山いて
女性トイレで男の人がいるってギョッとなったら。オニイ系方だったりね。

桜子さんへ

コメントありがとうございます。
ミャンマーは最近ようやく、
ツアーなどが解放されましたが、
旅行は途上中ってところでしょうか?

メーサイとの国境を越えたあたりは、
ゆる~い交流が古くからあるので、
本場のミャンマーはきっと違った感じでしょうね。

タイって、本当にきれいな男の子たちに時々出会えます。(^v^)

Please write a comment!


 管理者にだけ表示を許可する

entry_footer
entry_header

TRACKBACK URL

http://pnreborn.blog.fc2.com/tb.php/437-af0ad55c

entry_footer

side menu

side_header

プロフィール

パピナン

Author:パピナン
旅のHPを作りたいと思いながら、
実現しないまま10年の歳月が流れ…
ブログ立ち上げをきっかけに、
新たな旅の記録を残しています。
日々の楽しみ事など散りばめて。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

side_footer

side menu

side_header

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

MATERIAL

[背景、記事テーブル素材]
レースの壁紙
レースの壁紙 様

[素材の加工]
FC2blogの着せ替えブログ

Powered By FC2 blog

side_footer