2017-04

« 123456789101112131415161718192021222324252627282930»
entry_header

1789~日常への復帰

2015.6.2火(4Y+2 2Y+319)

暗号のようなタイトル。
ピピ~ンときた人には分かっちゃいましたね。

ミルクティーを飲むより、
餡餅を食べるより、
恒例の1000km日帰りドライブをするより、
何よりも、「私の日々の生活」を実感できるもの。

じゃ~ん、コレです!
1789日常風景
宝塚大劇場 月組公演
1789
ーバスティーユの恋人たちー


大劇場は、前回「カリスタ…」以来、2ヵ月半ぶり。
完全に飢餓状態でした。

春の舞台は、初舞台に立つ新人さんの口上があって、
何だか、「始まる」って感じでワクワクします。

演目は、その数字の示す通り、「フランス革命」の頃の物語。
官憲に父を殺された農村青年ロナン、
彼がパリに出てきて、「革命思想」に触れ変わって行く様を、
ブルボン王朝の崩壊という時代の変化とともに描いています。

「立ち上がれ民衆!」とイメージするがごとく、
大人数ダンスの場面が結構あって、
それが、なかなか上手い。
ビートが、8やら16やらとロック調で、
踊りにはとても合っていると感じました。

月組はメンバーの力が安定しているような気がします。
また、グループ力というか、皆で踊るシーンに迫力を感じます。

演目上、レビューがなかったし、
トップ男女のツーショットも少なかったけど、
「タカラヅカ新世紀」をスタートした躍動感みたいなものを感じました。
_______________________

お馴染みSARAHでのお茶とお菓子。
開演前の時間を、
いつもより少しオシャレをしてきて、
ワクワクしながら待って過ごす時間。
「あ~、毎日の生活が始まるな~」の実感でした。

entry_footer
entry_header

COMMENT

パピナンさん戻ってきましたね。宝塚の観劇はおひさしぶりなのでは。1789なんて素敵なタイトルですね。
フランス革命のストーリー私大好きです。
なかなか宝塚のチケットが手に入りにくいようなので
見られるチャンスはないかもしれませんが。
観劇にお茶とお菓子なんてとっても癒されますねえ。

桜子さんへ

コメントありがとうございます。
前回、大劇場に行く道すがら、取ったチケットです。
今回も、劇場で、次のチケットを手に入れました。
ただ、人気のものは、なかなか取れなくて、
抽選に落ちまくり、ピアでもローソンでも買えなかったりと、
チマチマ努力をしています。

観劇とお茶、非日常の様な日常を楽しんでいます。

Please write a comment!


 管理者にだけ表示を許可する

entry_footer
entry_header

TRACKBACK URL

http://pnreborn.blog.fc2.com/tb.php/466-1b7e09ff

entry_footer

side menu

side_header

プロフィール

パピナン

Author:パピナン
旅のHPを作りたいと思いながら、
実現しないまま10年の歳月が流れ…
ブログ立ち上げをきっかけに、
新たな旅の記録を残しています。
日々の楽しみ事など散りばめて。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

side_footer

side menu

side_header

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

MATERIAL

[背景、記事テーブル素材]
レースの壁紙
レースの壁紙 様

[素材の加工]
FC2blogの着せ替えブログ

Powered By FC2 blog

side_footer