2017-04

« 123456789101112131415161718192021222324252627282930»
entry_header

「すごいジャズには理由がある」

2016.7.1金

すごいジャズには理由がある


この手のジャズの読み物は初めて。

「ジャズ100年」シリーズで、
CD付きの隔週誌は読んでいます。
ジャズ史的な側面からとらえた読み物。
また、演奏家個人のバイオグラフィー的なとらえ方をした読み物。

しかし、この本は、曲を、メロディーやコードの分析をして解説するという手法で書かれています。
引用されている曲をyoutubeから引っ張り出して聴きながら読まないと、
字ずらだけ追っていたのでは、書いてあることがよくわからない。

何曲も紹介されていたので、
都度都度にストップしては曲を聴き、
まあ、読破するのに時間のかかったこと。

そして、つくづく思うのです。
天才といわれたプレーヤーは「ホントに天才やってんね」と。
コード進行に、メロディー展開に、それはそれは、よ~く考えられた足跡があるのです。
しかも、アドリブとなれば、わりと瞬時に。

自分でアドリブを考える時って、何も考えてない。
目の前にあるコードを追っかけるだけで、
テーマのメロディーがどうだとか、一回目のアドリブで、こうしたとか、
ぜんぜん考えてない。

どっかで耳にしたようなフレーズをつぎはぎして、
四苦八苦で、アドリブってる。

そら、アカンねぇ。
何の脈絡もないメロディーは、何も訴えてこないわ。

この本を読んだ後で、レッスンがあったので、
先生に「Yardbird Suit」をやりたいとリクエストしました。
先ずは、チャーリー・パーカーのアドリブをコピってみて…
とても優しくうたっているのですよね…
テーマを意識して、1つ目のアドリブを作ってみました。
2つ目が出てきません(*_*;

こんなことを繰り返して、
「ああ、このメロディーは好きだわ」と思えるものが作れるようになっていけば良いねぇ。
___________________

あとがきの更に後に、
この本のサイトURLが書いてあって、覗いてみたら、
何と、著者達の対談の様子の動画や、引用曲の聴けるサイトにリンクしているんです。
youtubeの中から必死で曲を探したりしてましたが、
「あ~れ~!」って感じ。
普通、あとがきの更に後からって読まないよね。

ご興味のおありの方は、
この本のタイトルを入れて、検索してみてくださいね。
(一部、聴けない曲があります)
entry_footer
entry_header

COMMENT

面白そうなジャズの本ですね。
さすがパピナンさん聴きながら色々分析したんですね。
なるほどプロともなると曲全体の構成に流れを把握、それにアドリブも即興でそういう風になってるんですねえ。
本当に天才やったんやね。爆笑。
パピナンさんもいつかが天才に近づく日も近いかと。
音楽のああいうセンスはどこから湧いてくるんでしょう。
私のズンバの先生もリズムの取り方が絶妙でいつも惚れ惚れするステップですわ。(笑)
頑張ってねえー

桜子さんへ

コメントありがとうございます。
たまたま、外出を控えたほうが良い期間だったので、
この間、本を読んだり、ピアノを弾いたりと、
家の中で過ごす時間が多かったです。
サイトの方は、レッスンを受けてるような気分になれて、
こちらも楽しかったです。

音楽、美術、運動…
いろんな分野で、秀でたセンスを持った人達っておられますよね。
しかも、よく、努力もされるのよね。
その両方が整った人達が「天才」って呼ばれるのかな?

Please write a comment!


 管理者にだけ表示を許可する

entry_footer
entry_header

TRACKBACK URL

http://pnreborn.blog.fc2.com/tb.php/570-2ebf4541

entry_footer

side menu

side_header

プロフィール

パピナン

Author:パピナン
旅のHPを作りたいと思いながら、
実現しないまま10年の歳月が流れ…
ブログ立ち上げをきっかけに、
新たな旅の記録を残しています。
日々の楽しみ事など散りばめて。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

side_footer

side menu

side_header

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

MATERIAL

[背景、記事テーブル素材]
レースの壁紙
レースの壁紙 様

[素材の加工]
FC2blogの着せ替えブログ

Powered By FC2 blog

side_footer