2017-07

« 12345678910111213141516171819202122232425262728293031»
entry_header

真田十勇士ー柴田錬三郎 完読

2016.9.13火

真田十勇士 完読
8月25日発刊の第3巻を加え、
完読しました。ヽ(^o^)丿
途中経過ログに、
登場人物が次々に妖術を使うということを書きましたが…
ナント、猿飛佐助は自分の投げたブーメランに飛び乗って空を駆けるし、
100mは6秒くらいで走ります。
もう、ボルトも真っ青!

大鷲は人を乗せて飛ぶことだってできるし、
日本とシャロム国を3日間で飛ぶことが出来て…

由利鎌之助と夢影は、本物そっくりさんに変身できるし…
鳥の羽は手裏剣に化けて、
赤い粉は水中で毒となり…
もう、何でも、好きにやって~ってくらいの物語。

TVでゲームのCMをよく見かけるけど、
何だか、あの世界観にそっくり。(私は、そっち系のゲームはしないので、よく分かりませんが)
シバレンは元祖・ゲームストーリー制作者かも(笑)。

お話の展開は滅裂のやりたい放題ですが、
読んでいるうちに、何となく、嵌っている自分に気が付きます。

よく考えてみると、
登場人物が作中で生き生きと活躍しているし、
そういう家来を持った「真田幸村」がとても魅力的な人物に感じられるのです。

「真田十勇士」は柴田錬三郎の独創ではなく「立川文庫」に由来します。
高橋敏夫氏による、本書の解説の中に、
「立川文庫」の解釈より、本書の解説を見事に説いていて、
読んでいると、
「ハハハ、私は、シバレンの術に、見事にはまったな」と痛感しました。

この秋には、映画版「真田十勇士」が放映されるようですが、
登場人物から、「立川文庫」系の「真田十勇士」のようですね。

映画も観てみたいなと思いつつ、
飛行機の中で観られるかもしれないと、密かに目論んでいます。

entry_footer
entry_header

COMMENT

真田十勇士ってトンデモナイストーリー展開で面白いですね。
今時のロールプレイングゲームのストーリーみたい。
なんかスーパーヒーロー登場みたいな?
長編を一気読みされるところを見ると面白かったんですね。
昔、ファイナルファンタジーっていうゲームをやっていたのを思い出しました。里見八犬伝みたいな感じですか。
今の所面白いと思う本に出会えない日々が続いています。

桜子さんへ

コメントありがとうございます。
面白い本に出合えないとな?
そりゃぁ、さみしい。
けど、桜子さん処じゃ、
日本語の本は手に入れにくいでしょうね。(*_*;

たしかに。ファイナルファンタジー。
この「立川文庫」って、
昔の少年たちが、本が出るのを待って読み漁ったそうです。
RPG的な面白さ、満載でした。

Please write a comment!


 管理者にだけ表示を許可する

entry_footer
entry_header

TRACKBACK URL

http://pnreborn.blog.fc2.com/tb.php/587-30c07e1b

entry_footer

side menu

side_header

プロフィール

パピナン

Author:パピナン
旅のHPを作りたいと思いながら、
実現しないまま10年の歳月が流れ…
ブログ立ち上げをきっかけに、
新たな旅の記録を残しています。
日々の楽しみ事など散りばめて。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

side_footer

side menu

side_header

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

MATERIAL

[背景、記事テーブル素材]
レースの壁紙
レースの壁紙 様

[素材の加工]
FC2blogの着せ替えブログ

Powered By FC2 blog

side_footer