2017-09

« 123456789101112131415161718192021222324252627282930»
entry_header

秋の行楽 大山崎

2016.12.9金

あの、バッタバタに忙しい5日間が過ぎて、
帰宅翌日に、遠足に出かけました。

紅葉ならぬ落葉だろうと思っていると、
晩秋の、胸に染み入るような景色に出会いました。
      ↓
大山崎山荘
大山崎山荘 美術館


↑大山崎山荘は、関西の実業家・加賀正太郎が大正から昭和初期にかけて建設した英国風の山荘です。
山荘は取り壊しの危機を経過して、(株)アサヒビールによって復元整備され、
建築家・安藤忠雄氏による美術棟が建てられ、
今年、20周年を迎えます。

山荘は重厚ではあるけど、華やかです。
その時代には、斬新なほどの工芸美であったと想像できます。

美術館には「山本コレクション」(山本氏はアサヒビールの初代社長)として、
民芸の作品がいくつか置いてあります。
河井寛次郎、濱田庄司、バーナードリーチ、芹沢銈介、黒田辰秋などの作品。
作品数は、私には、少々物足りない。
しかし、作家さんとの実際の交友の中で得られたものなのだから、素晴らしい。

美術棟は「夢の箱」と「地中の宝石箱」と2棟ありますが、
現在、モネ展をやっていて、
モネの「水連」以外の作品もいくつか見ることが出来ました。
「地中の宝石箱」には、
モネの数点の作品が、贅沢な空間に置かれていて、
絵画もさることながら、
「箱」には、現代の「美しさ」、硬質の「美しさ」があふれていました。

しかし、今日の「一番」は、
山全体の、この景色でしょうか。
赤、緑、黄、褐色、
微妙な色のグラデーションで、
どの場面を切り取っても、見事な「絵画」でした。
______________________


レストランたがみ
レストランたがみ


↑駅からすぐのところのイタリアンレストランたがみ。
たいへん混むので、予約必須です。
「マダムランチ」をオーダー。
食前のモヒートに始まり、
前菜、スパゲッティ、メイン、ドルチェ、紅茶とつきます。
メインの「甘鯛のフリット」(↑右中)の美味しいこと。
山の中で、思いがけず、美味しいお魚に出会いました(笑)。


今日も、お稽古仲間との遠足。
スケジュールにあまり欲張らず、
「美術館とお食事」のゆるりとした会合で、
「こんな風に余裕の遠足も良いね」と。
次回の希望プランが次々と浮かんで、
年が明けたら、また、賑やかにやることでしょう。


「秋の行楽」と題して、あちこち、遊びに行きました。
さすがに、もう、「冬」ですわ(笑)。
entry_footer
entry_header

COMMENT

凄いまだまだ紅葉が見頃じゃないですか。
大山崎山荘って素敵なところですねえ。建物も素晴らしいけれど、コレクションがすごいですねえ。モネが色々見られるのも素晴らしい。ゆったり一つの美術館に行ってお食事をしてというコースも良いですねー。日本らしいイタリアン。メニューの名前をマダムランチでぴったり? 日本は身近にこういうスポットがあって羨ましい限り。
こちら雪降って毎日0度です。真冬です。
冬ごもり中です。

桜子さんへ

コメントありがとうございます。
そちらは、もう雪ですか。
日本も、12月に入って、グッと冷え込んできました。
良い時期に帰省されましたね。

この美術館も、あなたをご案内したい候補の一つです。
大正ロマンを思わす山荘に、
超現代的な「安藤美術館」。
そのギャップも楽しみの一つです。
我々は欲張りだから、
きっと、ここの後、京都に出かけて、どこかを回るでしょう!

Please write a comment!


 管理者にだけ表示を許可する

entry_footer
entry_header

TRACKBACK URL

http://pnreborn.blog.fc2.com/tb.php/614-3ff51943

entry_footer

side menu

side_header

プロフィール

パピナン

Author:パピナン
旅のHPを作りたいと思いながら、
実現しないまま10年の歳月が流れ…
ブログ立ち上げをきっかけに、
新たな旅の記録を残しています。
日々の楽しみ事など散りばめて。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

side_footer

side menu

side_header

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

MATERIAL

[背景、記事テーブル素材]
レースの壁紙
レースの壁紙 様

[素材の加工]
FC2blogの着せ替えブログ

Powered By FC2 blog

side_footer