2017-06

« 123456789101112131415161718192021222324252627282930»
entry_header

心弾む偶然

2016.12.11日

前ログには続きがあります。(^-^;

ランチ後にお開きとなって、
私は大急ぎで宝塚に向かいました。

ピカリィが仕事の都合で、午後には伊丹に着くというので、
二人で、花組15時公演の観劇です。
花組出し物
宝塚大劇場 花組公演
「雪華抄」
「金色の砂漠」


二人とも幕開きには間に合わなかったけど、
目の眩みそうなな「雪華抄」の途中から観劇です。

ピカリィは花組公演を観たくて、
抽選をかけまくりましたが、
日・祝にしか観劇できない身上、
全部落ちて、諦めていた時に、この日の公演です。

飛行機が延着したので、観劇にも遅刻しましたが、
タイムスケジュールが合うということを見つけた時の喜びの顔が想像できます。(^^♪

この演目を観るのは2回目。
「金色の砂漠」のお話展開が、
2度目にして、ようやく分かりました。
タルハーミネがなぜ突然、砂漠に出て行ったのか…
運命の残酷さ、自分の置かれている状況、処理できない愛憎など、
抱えきれない重みに耐えかねて、
多分、発作的に飛び出して行ったのね。

そして、イスファンディヤールも、
残酷な運命の結末と処理できない愛憎をもって、
発作的にタルハーミネを追いかけたのね。

ウム、発作的というのはアカンねぇ。
備えなければ憂うのみ…危険な場所では、命も落とすよね~と、
ようやく納得。

いえいえ、そんなさめた目で見ていたのはないですよ。
お話の展開が、つくづく「タカラヅカ」だなと、
安心して観ていました。
演劇が終わって、演目っぽい衣装を纏い、
お決まりのレビュー展開になるのも、
ご印籠が出てきたくらいの安心さ(笑)。
これを観なくちゃ帰れません。
花乃まりあさんのさよなら公演でもあるので、
ちゃんと羽を背負うことが出来て、良かったね。


さて、この夜のトピックスはこちら↓

イゾラベッラ
イゾラベッラ・オペレッタ
平日のディナーコース


私とピカリィが観劇を終わるのが18時。
夫も丁度その時刻に宝塚に居て、用事を終えることが分かっていたので、
3人で合流しました。
こんな偶然、滅多にありません。
いつもは、ピカリィと二人で「観劇ランチ」をするのですが、
この日は夫も加わって「観劇ディナー」。
レストランの外では、出待ちのファンの方たちが、
お行儀よく整列して、劇場通用口に並ばれる様子が見えました。
夫は、その健気な様子に感心。

朝から、美しいものをたくさん観て、
美味しいお料理を、いっぱい頂いて、
心弾む友人や家族との会話に、
5日分の疲れが吹っ飛ぶ「慰労」の一日でした。
entry_footer
entry_header

COMMENT

パピナンさんも同じ日に午前中とランチは美術館で午後は観劇して観劇してとお楽しみのハードスケジュールですね。
それにしても観劇の時間まで何とか間に合ってよかったですね。絶妙なタイミング。観劇の出し物もちょっと変わっていてストーリーが面白そうですね。
美味しい料理もいただいて疲れも吹っ飛びましたね。
パピナンさん1日2回イタリアン食べてませんか?
ご家族水入らずで楽しいお食事できてよかったですね。

コメントありがとうございます。
一日2回のイタリアン…そこ、気が付きましたね(爆)。
まぁ、たまたま、いろんなタイミングが一致しちゃって、
楽しさ2倍の一日となりました。

宝塚の、この出し物、
ドンドロドロのストーリーなのですが、
なんせ、トップスターさんが美しくて、
すべてを浄化してくれます。
「明日海りお」さんて、ググってみて。

Please write a comment!


 管理者にだけ表示を許可する

entry_footer
entry_header

TRACKBACK URL

http://pnreborn.blog.fc2.com/tb.php/615-90cfe228

entry_footer

side menu

side_header

プロフィール

パピナン

Author:パピナン
旅のHPを作りたいと思いながら、
実現しないまま10年の歳月が流れ…
ブログ立ち上げをきっかけに、
新たな旅の記録を残しています。
日々の楽しみ事など散りばめて。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

side_footer

side menu

side_header

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

MATERIAL

[背景、記事テーブル素材]
レースの壁紙
レースの壁紙 様

[素材の加工]
FC2blogの着せ替えブログ

Powered By FC2 blog

side_footer