2017-09

« 123456789101112131415161718192021222324252627282930»
entry_header

タイ東北部ドライブの旅・年越しはバンコクで~ウドンタニ、ノーンカイ、バーンチエン

2017.1.27金

ウドンタニ駅のピクス
ウドンタニ駅


ホテルはウドンタニ駅の近くです。
駅まで歩いて、様子を見に行きました。
タイの鉄道駅は、プラットホームと線路の高さが、限りなくフラットに近いです。
この路線に乗車したことはありませんが、
木製のカチカチの椅子に座って、
お弁当が出ての列車移動はしたことがあります。
地元の人達対象なので、
涙が出るほど、お弁当が辛かったことを思い出します(笑)。
せめても、真っ先に、沢木耕太郎さんの「深夜特急」が頭に浮かびますと言いたいところ(^-^;
道案内図 2016年2017年
ー線=宿泊地間の移動
ー線=「ルーイ」を起点にして行ったところ
ー線=「ウドンタニ」を起点にして行ったところ
ー線+ー線=国境

【ノーンカーイ】

お馴染みの地図もこの章が最後の登場。

ウドンタニからノーンカーイまでは国道2号線を真っすぐ北上します。
ノーンカーイはメコン川沿いの町で、
ラオスの首都ヴィエンチャン行きの国際バスや
メコン川を渡る渡し船が出ています。

ノン会のピクス
中:船着き場の入・出国手続き所


小さな町ですが、人の行き来があって賑わっています。(↓画像:左上)

ノーンカーイのカーウオッシュ


大きな建物はなく、昔ながらの街並みで、
船着き場近くが一番賑わっているでしょうか。
車でクルリと町を一周しても、すぐに回り切ります。

ノーンカーイで、実は洗車場に寄りました。
こちらの洗車は人の手によるものです。(↑画像:右上)
車の内・外をきれいにしてB150(=約500円)。
う~む、こちらの人達にとっては、たいへん高い値段になります。
だから、サービス満点。
仕上がりを待つ待合室があって、
お水も、コーヒー・紅茶(インスタント)もフリー(↑画像:右中)。

もう一か所、回りたいところがあったので、急ぎ、リターンです。
昼食を食べられそうな「飯屋さん」を見つけられなかったので、
コンビニで豚まん3つ(↑画像:右下)とレンチン・チャーハン(↑画像:左中下)を買いました。
日本のものの味と変わらなくて、案外、イケました。
日本でも、なかなか出来ない経験です。(笑)


【バーンチエン】

ウドンタニから東へ50kmほどのところに位置する、世界遺産のある町です。

縮小:バンチエン博物館 ピクス
バーンチエン博物館


この地域から、壺や人骨が発掘されました。
今から5000年ほど前の物らしいのです。
しかしそれらは、黄河文明やメソポタミア文明のものではなく、
東南アジア独特の文明があったであろうと思われています。

バーンチェン博物館の建立に当たっては、
当時の国王(ラマ9世)が大変尽力され、
ご崩御後服喪中の期間であるため、
館内ではキングの功績をたたえるビデオが流されていて、
入館料B150は無料でした。

年末のせいか、ド田舎のせいかは分かりませんが、
来館者は我々以外にには、ほとんど見当たらず、
手入れされた庭園を通り抜けてやってくる爽やかな風を感じながら、
のんびりとした時間を過ごしました。


【幻のタレープアーデン】

タレープアーデンは蓮池のこと。
12月~2月の間、池一杯に蓮の花が咲き乱れるらしく、
池が真っ赤っかに見えるそうなのです。
外国人旅行者が、その写真をフェイスブックか何かにあげて、人に知られるようになったとか。
ネット記事を探しましたが、情報が少ない。
目星をつけて、ウドンタニから南へ30kmほど下ってみましたが、
正確な地名も分からず、道を尋ねましたが、タイ人の方にはまだ認知度の低いところらしく、いよいよヘンなところに迷い込んで、あえなく断念。
せっかくのイン・シーズンだったので、残念でした。
情報を集めるのって、けっこう難しいですね。

【ウドンタニ】

タイ東北部の中では大きな町で、都会化が進み、物品的には不自由しません。
街中では、高齢の白人男性をたくさん見かけます。
そして、多くの場合、タイ人の女性を伴っておられます。
旅行者か、長期滞在者か、居住者なのか分かりません。

ホテルの朝食時には、
高齢白人男性と同じテーブルに、
かいがいしく朝食のお世話をするタイ人女性が座っておられます。
時には、幼子や老女が一緒のこともあります。

女性の地位だとか人権だとか、云々、声高に叫ぶつもりはありません。
この国のこれまで…近隣国での戦争や、戦争に参加した国の人達のこと、
国の成熟度のことなど、考えてみる瞬間です。
「外の世界を知る」ということを実感する瞬間です。


年の瀬も迫ってくる中、
6泊7日のタイ東北部の旅を終え、バンコクに移動です。


entry_footer
entry_header

COMMENT

パピナンさん、コメントしたのですが。
不正投稿と出てコメント残せませんでした。
また時間が経ってからトライして見ます。

桜子さんへ

コメント、ありがとうございます。
コメントを何度も入れてくださった御様子、恐縮です。
パソコンやルーターが文句を言わずにセッセと動いてくれることが、
一番のありがたや~ですね。

車のドライブだと本当に色々なところに寄られて良かったですね。タイの列車の話も面白いし。タイのチャーハンを食べたあと。すごい博物館は貸切状態でゆるりと見られたり。
そのギャップが面白いですね。
蓮池が見られなかったのがちょっと残念ですね。
地名がわかりにくいのと探すのが大変ですね。
歴史が長い国だから色々見応えがあるし町の様子も文化があって面白いですね。

桜子さんへ

沢山のコメントをありがとうございます。
行きたいところリストは、あらかた考えて行きますが、
現地調達のこともあり、情報があやふやで混乱することもあります。
地図上の「滝」など、一度も行けたことがない( ;∀;)。
また、日本人行きたいところと、よその国の方が興味を持たれるところが異なっていたりで、それも面白いです。
一週間ドライブは、とても楽しかったです。

Please write a comment!


 管理者にだけ表示を許可する

entry_footer
entry_header

TRACKBACK URL

http://pnreborn.blog.fc2.com/tb.php/628-0d10a7e0

entry_footer

side menu

side_header

プロフィール

パピナン

Author:パピナン
旅のHPを作りたいと思いながら、
実現しないまま10年の歳月が流れ…
ブログ立ち上げをきっかけに、
新たな旅の記録を残しています。
日々の楽しみ事など散りばめて。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

side_footer

side menu

side_header

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

MATERIAL

[背景、記事テーブル素材]
レースの壁紙
レースの壁紙 様

[素材の加工]
FC2blogの着せ替えブログ

Powered By FC2 blog

side_footer