2017-05

« 12345678910111213141516171819202122232425262728293031»
entry_header

黒川博行著「キャッツアイころがった」「カウント・プラン」「てとろどきしん」

2017.4.9日

読書スピードが落ちています。
ジムでのバイク漕ぎの時間は私の貴重な読書タイムだったのですが、
このところ、その時間を暗記ものの暗記に充てているためです。

延々続く黒川シリーズ。
三作をご紹介。
カウントプランなど


「キャッツアイころがった」
 顔面をつぶされ、両手指を切断された遺体が見つかった。
遺体の胃の中にはキャッツアイがあった。
ほどなく、美大生が下宿で死亡し、
その口からもキャッツアイが出てきた。
更に、大阪西成で男の凍死体、
この口からもキャッツアイが出てきた。
連続殺人か?
美大生の啓子と弘美が殺された学友の死の謎を解こうとインドへ。学友のスケッチブックを頼りに、彼の足跡をたどる。
読者は、宝石業界を垣間見ながら、啓子・弘美の探偵ごっこ、警察の捜査を追っていく。
事件の全容は、読んで行くうちに、何となくわかってしまう。('_')
「華がない」という評で得られなかったサントリーミステリー大賞に女子大生を登場させて、3度目にして、大賞を得た作品です。

「カウント・プラン」
表題の短編を含む5作の短編の入っている文庫で読みました。
計算症の男性、葬儀社とお寺の坊主、色執着の男性、人の出したごみを収集する男性など、ちょっと変わった人物を主人公としての短編が並びます。
謎解きのストーリーとしてはシンプルですが、それらにかかわる人物の様子が上手く描かれていて、
またしても、「よく調べはったな」と感じさせられます。
解説は東野圭吾さんが書いておられますが、とにかく、黒川さんを大絶賛。
書いていることの正確さに繋がる綿密になされる下調べを評価し、
ミステリーもハードボイルドも、「謎解き」というレベルを超えて、人物をしっかり表現する→人間の本性を描くという、
今の黒川氏の作風を大変評価しておられます。
その解説の仕方が、「綿密になされる下準備」に基づいていて、これまた、私のツボにはまりました。
「やっぱり、東野圭吾はイイね~」と。
表題作「カウント・プラン」は日本推理作家協会賞短編部門賞を受賞しています。

「てとろどきしん」
表題作を含む6作の短編の入っている文庫で読みました。
6作の多くに、以前紹介した「黒まめ」コンビが登場する警察捜査小説です。
つぶれた店の後にできた店、日雇い労働者と宝石商、下着ドロ、不倫に恐喝、つくづく男運のない女性など、事件を通して様々な人の日常や心の内奥が描かれています。
綿密な下準備に基づく専門知識を散りばめながら、ひけらかさず、
黒まめコンビの軽妙な会話で登場人物の世界を渡り歩きます。
解説の西上心太氏が「本書をきっかけに、黒川さんの初期作品群もお楽しみいただきたい」と締めくくっておられますが、
近作から読み始めた私は、目下、発刊順に初期作を読んでいて、書きっぷりが変わったなと感じます。
こういう感じ方をした時に、一人の作家さんの「追っかけ」もなかなか良いもんだとニンマリします。

解説を読んでいて、
氏の作品で、読みたいもの、読まなくちゃいけないものがまだまだあるなと発見。
読書…続きます。
entry_footer
entry_header

COMMENT

黒川さんの小説楽しんでいますねえ。
パピナンさんの家には全巻揃うのもまじか?
色々な主人公が出てきて読者を飽きさせないですねえ。
黒川さんの短編も面白そうですね。
短編小説というのは作家の力量が出ると言われているけれど。
さすが。パピナンさんの紹介された文を読んでいるだけでも面白そうです。
私は読書量がめっきり落ちっぱなし。また読み出しましょう。

桜子さんへ

コメントありがとうございます。
読書タイムをキープするのは、少々の努力を要しますが、
昨今、世界中がワサワサとしていて、
小説よりも現実に目が離せないことが多くて、
気持ちが、小説に向かない時もありました。
まさしく、「事実は小説よりも奇なり」ですわ。

もう一つ、読書の妨げになった「眼」。
検眼に行ったら、
左右のバランスがすごく悪くなっていて、
眼鏡を作り直しました。
環境は整った。さあ、読むぞ!

Please write a comment!


 管理者にだけ表示を許可する

entry_footer
entry_header

TRACKBACK URL

http://pnreborn.blog.fc2.com/tb.php/645-7908e417

entry_footer

side menu

side_header

プロフィール

パピナン

Author:パピナン
旅のHPを作りたいと思いながら、
実現しないまま10年の歳月が流れ…
ブログ立ち上げをきっかけに、
新たな旅の記録を残しています。
日々の楽しみ事など散りばめて。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

side_footer

side menu

side_header

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

MATERIAL

[背景、記事テーブル素材]
レースの壁紙
レースの壁紙 様

[素材の加工]
FC2blogの着せ替えブログ

Powered By FC2 blog

side_footer