2017-07

« 12345678910111213141516171819202122232425262728293031»
entry_header

高知へ

2017.6.7水

割と近くて、縁のなかった場所・高知。
ピカリィの関係で、急に、2回も行けました。
今回は、家族「全員集合!」です。
瀬戸大橋
瀬戸大橋

    ↑
前回は、鳴門大橋を利用しましたが、違った景色も楽しみましょうと、今回は「瀬戸大橋」ルートを選択。
ナント!このルートの方が高速料金が片道1280円も安かったです。

前回は四万十町の「松葉川温泉」周辺を観たので、
今回は、高知のメジャーどころの観光です。

桂浜など

    ↑
高知と言えば、「坂本龍馬」。
先ずは、桂浜を訪ね、龍馬の像に会ってきました。
海岸線そのものは、自分が思っていたのよりは小ぶりでしたが、
海岸に打ち寄せる波に「太平洋」を感じました。
浜から見える景色は、どこまでも続く「海」。
この景色が龍馬をして、「海の向こうのよその国」を思わせたのだなと感じ入っていました。

宿泊は高知市内でした。
3人部屋を頼んだら、エキストラベッドではなく、ちゃんと、普通のベッドが3つあったのには驚きました。

ホテルの真ん前には路面電車が走っています。
色んな形状の電車があって、車体広告も大きくて、遭遇すると、テンションがあがります。
交通渋滞を引き起こさない町でこその路面電車ですね。

高知城と朝市

    ↑
翌朝は、朝市見物です。
高知城の前から、どーっと伸びる朝市。
多くの観光客が行き来していて、外国からの人達が結構な数、おられました。
京都とか、東京ではなく、高知にツアーを出している海外の旅行会社に、ちょっとカンゲキ。

市は野菜などの食べ物屋が多いのはもちろんですが
(文旦・小夏などの柑橘類、トマトがウリだそうです)、
刃物屋さんがチラホラあるのに気が付きました。

高知での食事は、何と言っても「鰹のたたき」。
(食べるのに夢中で、夕食の画像は一枚もありません(^-^;)
予約していたお店で、二種盛り(ポン酢味と塩味)を。
私には、ポン酢味の方が高得点!
さらに、「ひろめ市場」に繰り出して、こちらでも「鰹のたたき」。
ひろめ市場は、市場内のアチコチに椅子とテーブルが据え付けられて、イートインよろしく、買った商品をその場で食べます。
お値段が良心的なため、多くの人でごった返して、席の確保が大変。
目の前で、鰹を炙って、まだ、藁の燃える匂いの残っている鰹を頬張ります。美味美味。
やっぱり、鰹のたたきは、こっちのもんやわ~。

食べ歩きの最後、シメは「鍋焼きラーメン」。
熱々のラーメンに卵をポンと落として食べます。
甘辛さに、ふと、「親子丼」を感じました。

ケルンなど

    ↑
足を延ばして四万十町へ。
高知からは、高速を使って、一時間弱で到着です。

四万十食べ物名物をご紹介。
こちらは、米豚とか芋豚と言われる「四万十豚」がウリで、
評判の「ケルン」というお店に行きました。もちろん「四万十豚丼」をチョイス。
食べ物屋さんの少ない場所で、「焼肉」とか「豚」の文字をよく見かけました。

冷たいものでは、「アイスクリン」。
ソフトクリームタイプであったり、カップに入っていたり。
シャリシャリとした食感、アイスクリームよりも軽いスッキリ感、そして「ゆず」のサッパリ感、これはイケル!

半平ピクス
古民家カフェ 半平

    ↑
田舎町で、小洒落たカフェを見つけました。
正式名称、旧都築邸、一般には都築旅館と呼ばれているそうですが、
昔の建物をそのまま残してカフェにしていて、内部見学もできます。

ラッキーなことに、土日だけやっている「ランチ」に会いました。
四万十豚の入ったカレー、サラダ付き。
更に、飲み物とお菓子をセットにできます。
近くの和菓子屋「松鶴堂」の和菓子が出てきます。

お庭を眺めながらの食事、
解放した窓から入ってくる心地よい風。
ゆったりと気持ちよく寛げます。
窓の外で、ゴトンゴトンと音がしたかと思うと、ナント、庭の横を「アンパンマン列車」が走り抜けていきました。
JR予土線くろしお鉄道の特急列車だそうです。

縁のなかった町。
おそらく、もう、来ることのない町。
大いに楽しみました。

entry_footer
entry_header

COMMENT

四国、高知、渋くていいですねえ。私は四国に一度行ったことがないです。高知って面白いねえ。朝一行って見たいわあ。
藁で焼いた鰹のタタキ食べたんですね。カツオはわたしの大好物なので一度食べに行きたいわ。さすがパピナンさん、地元の名物はずさず食べ歩きましたね。素敵なカフェが田舎の方にあるもんですねえ。豚が売りというのも面白い。楽しい家族旅行でしたね。❤️

桜子さんへ

コメントありがとうございます。
ピカリィのおかげで3か月だけ高知に足がかりが出来ました。
ピカリィのおかげで、次は東京です。楽しみ。

ホント、鰹のたたきにはビックリ。
全然臭みがないのです。
こちらで売っているものとは別物のような印象です。
日本国中、知らないところ、知らないことが一杯ありますね。
少しずつ訪ねていくのことができたら、幸せです。

Please write a comment!


 管理者にだけ表示を許可する

entry_footer
entry_header

TRACKBACK URL

http://pnreborn.blog.fc2.com/tb.php/656-e2fd2e0d

entry_footer

side menu

side_header

プロフィール

パピナン

Author:パピナン
旅のHPを作りたいと思いながら、
実現しないまま10年の歳月が流れ…
ブログ立ち上げをきっかけに、
新たな旅の記録を残しています。
日々の楽しみ事など散りばめて。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

side_footer

side menu

side_header

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

MATERIAL

[背景、記事テーブル素材]
レースの壁紙
レースの壁紙 様

[素材の加工]
FC2blogの着せ替えブログ

Powered By FC2 blog

side_footer