2017-07

« 12345678910111213141516171819202122232425262728293031»
entry_header

池井戸潤著「アキラとあきら」、黒川博行著「喧嘩(すてごろ)」

2017.6.19月

町を歩いていて、ふと目に留まった向井理さんと斎藤工さんのツーショットのポスター。
「ドラマ化決定」って、なになに?
思わず、買ってしまった「アキラとあきら」。
読みかけの黒川作品を放っぽりだして一気読み。

池井戸潤著「アキラとあきら」

池井戸作品は、半沢直樹で一躍脚光を浴びた頃に、それまでに既刊の文庫本を買い漁って、一気に読み込みました。
(この読書パターン、いつもの通りです(^-^;)
以来、久しぶりの池井戸作品。

零細企業で、倒れた会社の息子だった山崎瑛と、大会社御曹司の階堂彬。
それぞれの運命を背負いながら生きてきて、就職先の銀行で出会い、ともに活躍しながら、お互いにとって、大変重要な存在となる…という長編です。
ここでも、池井戸氏の「金融知識」が大いに発揮され、
「へえぇ、世の中って、そういう理屈か…」と、大いに好奇心が満たされます。
二人が出会うまでのストーリーに、ずいぶん紙面を割いておられますが、最後には、何故、そういうストーリー描写が必要だったかが分かります。
最後の最後に「え?そういうことになったの?」という〆ですが、物語が泥沼で終わらなくて、気持ち良くハッピーにおさまっているのは、読後感が爽やかでよろしいかと。


黒川博行著「喧嘩(すてごろ)」

昨12月発刊で、図書館に借りに行って、ずーっと順番待ちをしていた本です。
いつ、予約に行ったかも忘れてしまったくらい長く待ちました。

こちらは、「疫病神」シリーズの第6弾。
黒川さんのリサーチ力と知識が発揮されていて、好奇心満足。
池井戸さんの様に一つの分野に特化した知識とは異なり、
多岐にわたって、リサーチを綿密にした知識は、黒川氏の魅力の一つ。

スカンピン二宮と、組を破門されて一般人としての桑原。
今回は、国会議員や地方議員の、選挙を軸に、その裏にある「きな臭い」出来事を描いた物語。
この物語を読むと、「選挙って、そうなの?」と、思わず、描いてあることを信じ込みそうです。
鵜呑み込は危険。しかし、議員さんの「よろしくないこと」が頻繁に露呈される昨今、「やっぱり、ホントにそうなのかもしれない…」と思わせてしまうところが黒川流です。

お馴染みの登場人物(?!)、悠紀ちゃんと、オカメインコのマキちゃんも健在。
汚く堕ちていきそうな場面に、一抹の明るさをもたらせてくれます。

entry_footer
entry_header

COMMENT

小説の方も次々に新作出てきますねえ。
アキラとあきらに斎藤工さんが出てるから見ようかなあ。
小説の方もなかなか面白そう。
パピナンさん、相変わらず黒川のおっちゃんシリーズにはまっていますね。人を引き込んでいく魔法の魅力。
私は全く毛色の違う、村上春樹さん、新作を読もうとしているのですがなかなか進まず。画家が主人公なのでちょっと面白そうですよ。

桜子さんへ

コメントありがとうございます。
「アキラとあきら」ね、WOWOWで放映されるのですよ。
我が家は加入してないので観られません(*_*;残念!

村上春樹さん…ノルウェーの森が一番最初に話題になった頃、
挑戦して、多分、最初の50頁くらいでギブアップ。
以来、一度も読んだことのない作家さんです。
桜子さん、頑張って読んで、読後感想をアップしてね~
(横着者は、ログを読んで、本を読んだ気になっておきます(爆))

Please write a comment!


 管理者にだけ表示を許可する

entry_footer
entry_header

TRACKBACK URL

http://pnreborn.blog.fc2.com/tb.php/660-d7644e8e

entry_footer

side menu

side_header

プロフィール

パピナン

Author:パピナン
旅のHPを作りたいと思いながら、
実現しないまま10年の歳月が流れ…
ブログ立ち上げをきっかけに、
新たな旅の記録を残しています。
日々の楽しみ事など散りばめて。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

side_footer

side menu

side_header

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

MATERIAL

[背景、記事テーブル素材]
レースの壁紙
レースの壁紙 様

[素材の加工]
FC2blogの着せ替えブログ

Powered By FC2 blog

side_footer