2017-09

« 123456789101112131415161718192021222324252627282930»
entry_header

本ー路線変更

2017.7.9日

先週の東京行きに際し、移動中に読める本を3冊ほど購入しました。ふふ、ちょっと毛色が違うでしょ。
路線変更本
黒川作品を止めたわけではありませんが、
「八号古墳に消えて」(黒川博行著)を読んでいたら、
読み急ぐ本が出てきて、2度も中断してしまいました。
その後がナカナカ読めなくて…今も、残り僅かを読まずに放置しています。


「まぐだら屋のマリア」原田マハ著
船場吉兆を思い出させるような事件を軸に、
主人公が自分の命を捨てようと行きついた土地を振り出しに、
「生きる」ことへ向かっていく一時期を書いた物語。
タイトルがイメージさせる様、
登場人物の名はマリア(有馬の逆さ読み)、シモン(紫紋)、マルコ(丸弧)と
何だか聖書の中に出てきそうな名前がズラリ。
もちろん、「まぐだら屋」のマリアも、「マグダラのマリア」をイメージさせる人物像。
「食」を通じて、人と人との繋がり、血の繋がり、縁の繋がり、地の繋がりを感じ取ります。
マリアの経歴、女将との係わりが明確に分かった時、
小説家ってスゴイことを考えるなと唸りました。


「若冲」澤田瞳子著
歴史ものには苦手意識がありますが、
帯コピーの「あの若冲の絵はどうして生まれたのか!?」にそそられて購入。
解説で、「歴史家は、事実に基づいて、歴史上の人物の行動を明らかにするのであって、そこに個人の恣意を入れてはならない」が、
「歴史小説家は、歴史的事実を逸脱してはいけないという制約は受けるが、思惟を巡らし、歴史上の偉人を人間に変えるために歴史小説を書くのだ」とあります。ふむふむ。
ナント、著者は若冲に妻を持たせたのです。
若冲は、今まで終生未婚だと言われてきたので、ビックリ!
その妻が、どういう人なのかは本を読んでくださいね。
でも、妻の存在をベースにして、著者の、若冲の絵画の解釈が綴られています。
なるほど、そういう観方もあるのねぇ、と感嘆。
この本を読んだ影響は、次に若冲作品を見る時に必ず出ると思います。
今、私の中では、「澤田瞳子さんカラーに色塗られた若冲」のイメージが、しっかり湧いてきていますから。


「代償」伊岡瞬著
帯コピーに「衝撃と断罪のサスペンスミステリ」とあるので、
今は、あまり、ドロドロしくないものを読みたいなと思ったのですが、
更に、コピーに「面白すぎて止まらない!一気読み絶対保証!!」とあって、こっちにキャッチされました。(^-^;
読みだしから、「その人物って、きっと貴方に良くないことをもたらすよ」と胸の中がザワザワして、
「ほら、やっぱり~」な展開になります。
「悪い奴」といっても、黒川作品に出てくるような「悪さ」とは種類が違って、東野圭吾さんの「白夜行」や「幻夜」に出てくる「悪い奴」。
こういう「悪さ」は、仕掛けられている本人にしか分からないことで、
それを他の人に伝えるのは至難の業だと思うのですが、
小説家ってスゴイな。
ちゃんと文字で表現できて、私に「ざわざわ」したものを感じさせるのですから。
コピー通り、一気読みしました。


黒川作品は、もう少し休憩。
目下、ピカリィの本をひっぱり出して、毛色の違うのを続けて読んでいます。
entry_footer
entry_header

COMMENT

夏の読書良いですね。おっ今度はちょっと違うものをお読みのようですね。若冲の本面白そうですね。色々な本の描き方ってあるんですねえ。事実とは違う妻がでてくのもなんだか面白そう。原田マハさんまだ読み終わってないです。目下全く読書の時間が取れず。陶芸にすごく時間を取られてラストスパートであと2週間で終わる予定。家事がたんまり溜まってますよ。
なかなかブログをアップする時間も今のところありませんというか。気がない? ><

桜子さんへ

コメントありがとうございます。
桜子さん、陶芸に没頭中ですね。
夢中になれる好きな事があるってのは最高ですよ!
陶芸をきっかけに、それらに関連あること→書道→somethingと世界が広がっていく真っただ中におられるのね。(^^)/

「若冲」、面白かったです。
そして作者の「澤田瞳子」さんに興味を持ちました。
また、この人の何かを読んでみ良いかなと思っているところです。(^-^;

Please write a comment!


 管理者にだけ表示を許可する

entry_footer
entry_header

TRACKBACK URL

http://pnreborn.blog.fc2.com/tb.php/665-1ec3e990

entry_footer

side menu

side_header

プロフィール

パピナン

Author:パピナン
旅のHPを作りたいと思いながら、
実現しないまま10年の歳月が流れ…
ブログ立ち上げをきっかけに、
新たな旅の記録を残しています。
日々の楽しみ事など散りばめて。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

side_footer

side menu

side_header

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

MATERIAL

[背景、記事テーブル素材]
レースの壁紙
レースの壁紙 様

[素材の加工]
FC2blogの着せ替えブログ

Powered By FC2 blog

side_footer