2017-07

« 12345678910111213141516171819202122232425262728293031»
entry_header

熊野古道

2012.6.26(火)
久しぶりに和歌山へ出かけた。
今日の用事を済ませてからの出発なので、午前10時に出動。
今日の目的は、梅干を買いに行くこと。

白浜へは2時間ちょっと。
今週も、来週も雨続きの中の気持ち良い一日で、ドライブも快適。

まずは、お目当ての「ひとはめ漬け丼」。
注文したら、おばちゃんが「づけ丼ですね。」って言うから、「ハイ」と答えたら、なんと、探しても探しても、「ひとはめ」と「山芋」がない。づけ丼とは「まぐろ漬け丼」なり。
でも、とても美味しかったので、満足。

次のお目当てが梅干。パーリィのリクエストで「私の家は梅農家」。お友達にもふるまえるように3箱も買った。
このまま帰れば、まさしく「づけ丼と梅干」ドライブだったが、ちょっと熊野神社あたりに行ってみようと車を走らす。
田辺から山中の中辺路へ、この界隈が熊野古道初心者向け出発点らしく、熊野信仰の中心地、「熊野三山」はパワースポット、山の道を散策してこそのものである。
秘境の温泉地ではないけれど、「川湯、渡瀬、湯の峠」と3つの温泉が熊野川やその支流沿いにならぶ。そこから十津川方面に本宮。熊野本宮大社はここにある。
山深く、うっそうと茂る熊野杉。「神の宿る地」という形容詞がぴったりの場所。「生きながらにして極楽浄土」と銘打つ「生まれ変わり」信仰。もちろん、「がんの体を脱ぎ棄てて、ここで健全な身体に生まれ変わった」と念じつつ参拝した。
  熊野本宮大社 (90x120)
ここまで来たのだからと、那智の滝まで足をのばすことにした。
熊野川はうねうねと曲がり、路肩のあちこちが雪崩れたようにがけ崩れを起こしている。道路補修のため、道のいたる処で片側通行となっている。本宮からはさらに2時間近く、いよいよ深い山間に入っていくと、眼前に大きな滝が現れた。樹林の切れ目から、まっすぐに落ちる滝が見える。
「那智の滝」は写真でもテレビでも見たことがあるけど、実物の臨場感はすごい。周りに飛沫がマイナスイオンとなって飛び散っている。神社の名前も「那智飛滝神社」。横山大観の「爆滝」、竹内栖鳳の「毛滝」を思わせる豪快さと繊細さ。
ここで、私とクルンプ(夫)は「長寿の御瀧水」で手を濯いだ。
    那智の大滝 (90x120)
帰路は、途中で夕食を摂りながらゆっくりと帰って午後10時着。半日の大遊びだった。
クルンプ曰く、「この頃、休みといえばダラダラと過ごしてたから、たまには良いね。」
体調が万全になって心身ともに「遊び」に向く事が出来るようになった証。嬉しい。
entry_footer
entry_header

COMMENT

Please write a comment!


 管理者にだけ表示を許可する

entry_footer
entry_header

TRACKBACK URL

http://pnreborn.blog.fc2.com/tb.php/77-e612ada9

entry_footer

side menu

side_header

プロフィール

パピナン

Author:パピナン
旅のHPを作りたいと思いながら、
実現しないまま10年の歳月が流れ…
ブログ立ち上げをきっかけに、
新たな旅の記録を残しています。
日々の楽しみ事など散りばめて。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

side_footer

side menu

side_header

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

MATERIAL

[背景、記事テーブル素材]
レースの壁紙
レースの壁紙 様

[素材の加工]
FC2blogの着せ替えブログ

Powered By FC2 blog

side_footer